• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

ラーメンとイノベーション

徐 航明=Tech-On!特約ライター
2013/03/28 00:00
1/4ページ

 ラーメンからイノベーションの“味”を感じられると言われたらどう思われるだろうか。今回は、ハイテク製品ではなく、多くの方が大好きな庶民の食であるラーメンから、ちょっと違った視点で、中国で起きている異文化交流による食関連のイノベーションを考察する。その中には、“うまみ”のあるヒントが盛り込まれているのではないかと筆者は考えている。

「味千ラーメン」はご存じですか

 日本の電気製品の中国での人気は、韓国や中国の企業の急成長で、年々落ちていると感じている。一方、日本食は人気が急上昇中だ。上海や北京などの大都市では、日本のラーメンが大人気である。日本のラーメン店は、今や中国で多くの中国人客を引き寄せている。その中で、日本ではそれほど知られていない、熊本発祥のラーメンチェーン「味千ラーメン」が既に海外で650以上の店舗を展開し、2010年4月には中国の「ファストフード企業トップ50」の第4位にランクインした。

 もっとも、ラーメンをはじめとする日本の料理が中国や東南アジアへ進出した例は、これまでにもたくさんあり、それらの多くはそれほど有名にはならなかった。それに対して、味千ラーメンは日本のラーメンの代名詞と言えるほどの盛況ぶり。なぜ、味千ラーメンは中国で大いに成長できたのだろうか。その秘訣は何だろうか。

中国で成功した要因

 一言でいえば、日本での常識にとらわれずに、新たなラーメンスタイルを創造したことが挙げられる。すなわち、味千ラーメンは、中国においてラーメンのイノベーションを起こしたのである。中国市場に合わせて、変えるべきところは変え、守るべきところは守る。そうしたローカライズを実施したのだ。

【技術者塾】(2/22-23開催)
自動車のモジュール化 2日間実践セミナー

~演習主体で実践力を体得~


モジュラーデザインの第一人者・日野三十四氏による、自動車(自動車部品含む)に特化したモジュール化セミナーです。自動車の事例やテンプレートを基に、演習主体で学びます。設計手順書の作り方とモジュール化の実践的な進め方を習得できます。 詳細は、こちら
日時:2016年2月22、23日 10:00~17:00(両日とも)
会場:Learning Square新橋
主催:日経Automotive
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング