機械・部材 革新を支える産業機器と部品・材料の情報源
 

生活支援ロボットの安全規格「ISO/DIS 13482」

国産ロボットスーツが認証一番乗り

富岡 恒憲=Tech-On!編集
2013/03/26 00:00
印刷用ページ

 「『ロボットスーツHAL福祉用』が世界で初めて安全性の認証を取得」。2013年2月27日、こうしたニュースが一部メディアで流れた。

図1●人間装着型ロボット「ロボットスーツHAL福祉用」
日本のロボット研究開発会社の1つであるCYBERDYNE(本社茨城県つくば市)が開発。国際安全規格(原案)「ISO/DIS 13482」の世界初の認証を取得した。
[画像のクリックで拡大表示]

 ここでいう認証とは、パーソナルケアロボット(生活支援ロボット)の安全性に関する国際規格(正確には原案)「ISO/DIS 13482」に関するものだ。取得したのは、CYBERDYNE(本社茨城県つくば市)が開発した人間装着型ロボット「ロボットスーツHAL福祉用」(図1CYBERDYNE、「ロボットスーツHAL福祉用」でサービスロボットの国際安全規格の認証を取得)。日本品質保証機構(JQA)が認証のための評価に当たった。

生活環境に入り込んで人間を支援

 生活支援ロボットとは、介護や福祉、家事など人々の生活環境(空港や病院、歩道などの公的空間、オフィス、住居など)に入り込んで人間を支援するロボットのことだ。

 いくつか例を挙げておくと、パナソニックの病院内搬送ロボット「HOSPI」(図2)、日本精工の盲導犬ロボット「NR003」(図3)、トヨタ自動車のパーソナル・モビリティ「Winglet」(図4)などがこれに当たる。

図2●パナソニックの病院内搬送ロボット「HOSPI」
[画像のクリックで拡大表示]
図3●日本精工の盲導犬ロボット「NR003」
[画像のクリックで拡大表示]
図4●トヨタ自動車のパーソナル・モビリティ「Winglet」
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング