• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材キーワードで読み解く最新トピック > 生活支援ロボットの安全規格「ISO/DIS 13482」

キーワードで読み解く最新トピック

生活支援ロボットの安全規格「ISO/DIS 13482」

国産ロボットスーツが認証一番乗り

  • 富岡 恒憲=Tech-On!編集
  • 2013/03/26 00:00
  • 1/5ページ

 「『ロボットスーツHAL福祉用』が世界で初めて安全性の認証を取得」。2013年2月27日、こうしたニュースが一部メディアで流れた。

図1●人間装着型ロボット「ロボットスーツHAL福祉用」
日本のロボット研究開発会社の1つであるCYBERDYNE(本社茨城県つくば市)が開発。国際安全規格(原案)「ISO/DIS 13482」の世界初の認証を取得した。
[画像のクリックで拡大表示]

 ここでいう認証とは、パーソナルケアロボット(生活支援ロボット)の安全性に関する国際規格(正確には原案)「ISO/DIS 13482」に関するものだ。取得したのは、CYBERDYNE(本社茨城県つくば市)が開発した人間装着型ロボット「ロボットスーツHAL福祉用」(図1CYBERDYNE、「ロボットスーツHAL福祉用」でサービスロボットの国際安全規格の認証を取得)。日本品質保証機構(JQA)が認証のための評価に当たった。

生活環境に入り込んで人間を支援

 生活支援ロボットとは、介護や福祉、家事など人々の生活環境(空港や病院、歩道などの公的空間、オフィス、住居など)に入り込んで人間を支援するロボットのことだ。

 いくつか例を挙げておくと、パナソニックの病院内搬送ロボット「HOSPI」(図2)、日本精工の盲導犬ロボット「NR003」(図3)、トヨタ自動車のパーソナル・モビリティ「Winglet」(図4)などがこれに当たる。

図2●パナソニックの病院内搬送ロボット「HOSPI」
[画像のクリックで拡大表示]
図3●日本精工の盲導犬ロボット「NR003」
[画像のクリックで拡大表示]
図4●トヨタ自動車のパーソナル・モビリティ「Winglet」
[画像のクリックで拡大表示]
【技術者塾】(8/24開催)
車載用樹脂製品のための樹脂材料の勘所


自動車部品に多く使われる樹脂材料を採り上げ、その基礎知識だけでなく、演習を通じて実務に役立つ実践力の習得を狙います。事例には、多くの自動車部品を採り上げて理解を深めます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 8月24日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓