機械・部材 革新を支える産業機器と部品・材料の情報源
 

【産業機器・部材】“謎”ネタと“あの企業の今”ネタにアクセス集まる

鉄道ネタも根強い人気

富岡 恒憲=Tech-On!編集
2013/03/25 00:00
印刷用ページ
アクセス記事ランキング(2/21~3/20)
産業機器・部材
1 新冷媒HFC-32
2 東芝セラミックスの今
3 ワイヤーロープを昇降させる“ホームドア”など、私鉄3社が試験運用へ
4 NTNが早期退職者を募集、600人想定
5 JR東海が東海道新幹線N700Aの18編成の追加投入を発表、全トイレ便座に温水洗浄機能
6 住友ゴムがスパコン「京」を活用し、タイヤ用ゴム内部を大規模分子シミュレーション
7 中古市場で人気の交流発生器、「2558」が10年ぶりに復活
8 「日本企業にチャンスが来た」、医療機器開発の着眼点が最終製品から部材に移行
9 京都大、樹脂の分子鎖を一方向に整列させる手法を開発---汎用樹脂の物性をスーパーエンプラ並みに
10 最後の審判(後)
11 第7回:イネーブルスイッチとは
12 CYBERDYNE、「ロボットスーツHAL福祉用」でサービスロボットの国際安全規格の認証を取得
13 九州電力と川崎重工、小規模地熱バイナリー発電設備の実証試験を開始
14 タッチパネル大手の台湾TPK、2012年第4四半期の営業利益は135.8%増、iPad miniの大ヒットが牽引
15 【燃料電池展】三菱重工、出力250kWのSOFC型燃料電池の実証試験を3月に開始
16 【風力発電展】三井海洋開発、浮体式の風力/潮流ハイブリッド発電システムを開発
17 東芝、原発の水漏れ検査向けに水陸両用移動装置を開発
18 三菱電機がフルSiCパワー半導体モジュールをエレベータ制御装置に適用、40%の設置面積と体積を削減
19 遊休機械
20 村田製作所など3社、病院向けの「スマートホスピタルライティングシステム」を開発

 「HFC32の問題は大きく二つある」

 今回のアクセスランキングでトップとなった「新冷媒HFC-32」を書く1つのきっかけになったのが、環境エネルギー政策研究所が2012年10月11日に出した声明・共同プレスリリース「エアコン冷媒、HFC32への転換は本質的解決ではない~自然冷媒への転換こそ真の持続可能な社会への道筋~」です。冒頭の一文は、実はこのプレスリリースに登場する文言です。

「微燃性」なのに「極めて可燃性の高いガス」の謎

 同プレスリリースでは、HFC-32の第1の問題として、以下のような点を指摘しています。

 「HFC32は、『極めて可燃性・引火性の高いガス/加圧ガス:熱すると爆発するおそれ/常温では極めて安定であるが、裸火等の高温熱源に接触すると熱分解して、フッ化水素(HF)およびフッ化カルボニル(COF2)等の毒性ガスを発生する』といった性質を持ち、分解した際に猛毒のフッ化水素を発生するなど人体にとって非常に危険性が高い」(同プレスリリースからの抜粋)

 しかし、このプレスリリースを拝見する前に私が閲覧していたダイキン工業のホームページ(具体的には「将来の冷媒候補について」というページ)には、それとは異なったことが記載されていました。すなわち、HFC-32には「わずかな燃焼性がある」とあったのです。

 一体、HFC-32は極めて可燃性・引火性の高いガスなのか、それとも微燃性のガスなのか--。どちらかが間違っているということか--。それとも、いずれも正しいのか--。だとすれば、この差はどこから来ているのか--。そうした疑問が頭の中で大きく膨らんでしまったわけです。

 当初、私が新冷媒HFC-32に興味を抱いたのは、この新冷媒を世界で初めて採用したダイキン工業のルームエアコン「うるさら7」が、消費者に高い省エネルギ性を評価され、ヒットしていたからです。そして、そうした高い省エネ性の実現に、この新冷媒が大きく寄与しているとうかがったからです。そこで、ルームエアコンの冷媒として今後、HFC-32が主流になるかもしれないと考えた私は、HFC-32について調べ始めたわけです。そのとき偶然見つけてしまったのが、先の環境エネルギー政策研究所のプレスリリースです。

 「微燃性」なのに「極めて可燃性の高いガス」--。この謎に対する答えを知りたい方は、是非、この記事を読んでみてください。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング