• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新設計力強化のための“もの・ことづくり”プラットフォーム「P3LM」  > 第14回:「これからのPLM」構築に対する「システム選択の考え方」(前)

設計力強化のための“もの・ことづくり”プラットフォーム「P3LM」 

第14回:「これからのPLM」構築に対する「システム選択の考え方」(前)

  • 坂井 佐千穂=SCSK 製造エンジニアリング事業本部 営業推進部 シニアコンサルタント
  • 2013/03/25 00:00
  • 1/5ページ

 前回の「これからのPLM」のコンセプトの展開方法に続いて、「システム選択の考え方」を2回に分けて述べる。今回はその「手順」について、特にその前半となる「対象範囲と業務要件の定義のしかた」を紹介し、次号で後半に当たる「業務要件とシステム要件のマッチング」について解説する。

システム選択の考え方と手順

 PLMを新規に立ち上げる場合はもちろん、既存PLMの再構築やこれを進化させるなどの場合であっても、本連載第13回で述べたように、まず「これからのPLM」のコンセプト視点で先を見据えて、企業として目指す姿(=戦略的なビジョン)を描いていく必要がある。そして、それを実現する全体計画を策定し、その上で取り掛かる範囲・位置付けを明確にして着実に進めることが重要なのだ。そうでないと、いつまでも小手先の“つぎはぎ”状態から脱却できず、「高額費用が発生するわりに効果が出ない」「誰のためのシステムか」などと、PLMのシステムが犠牲になってしまう可能性が高い。それを回避するためにも、常に下記の循環が重要と考える。

・会社が進むべき戦略的な目指す姿を事業戦略と擦り合せ、計画に盛り込む(本連載第13回を参照)
・会社の主要プロセスと“情報”(この“情報”については、幾つかの意味を持つので本記事の末尾で解説する)の流れについて、目指す姿と現状を分析して課題を認識し、ズレの改善を企画する
・改善の姿としての業務要件を明確化する
・対象範囲、業務要件とシステム単位のマッチングを機能視点で図る(システム選択)
・対象範囲、業務要件とシステム単位のマッチングを非機能的視点で図る(システム選択)

 もちろん、変化の激しい時代にあって、数年先における企業の目指す姿を明確に見通すことは難しいが、方向性を定めて本質的なアプローチをすることが、現実の変化とシステムの乖離(ブレ、ズレ)を最小限にしてくれると信じる。

 以下、上記の考え方に沿って述べてみたい。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓