家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

今どきの新人社員は入社前から「隠れ家」を用意する

次世代ワーキング・スペース「HUB Tokyo」の秘密(その2)

臼井 清=かなりあ社中
2013/04/04 00:00
印刷用ページ

 こんにちは。かなりあ社中の臼井です。

 前回から「HUB Tokyo」という新しいタイプのワーキング・スペースを紹介しています。「HUB」は、欧米を中心に急速に存在感を高めているビジネス・インキュベーションの場です。そのドキドキとワクワク感をお伝えしたいと思っています。

 HUBのコンセプトの一つが社会人にとっての「秘密基地」であること。利用者の人的交流を活発にする仕掛けや、新規ビジネスのヒントを獲得したり、それを具現化したりするための工夫を凝らしたワーキング・スペースであること。これらの特徴が、一般的なシェア・オフィスやコワーキング・スペースとは異なる施設を形づくっていること。

 前回はこうしたHUBの特徴を説明しました。アイデアやそれを強化するヒントを獲得したり、資金や人材を調達したりするための人的ネットワークを提供する。この機能を備えたワーキング・スペースがHUBです。

 今回は、HUB Tokyoの共同創立者である槌屋詩野氏と片口美保子氏が、HUBを日本に開設しようと思った理由や、新しい事業に懸ける思いに迫ってみたいと思います。そのためには、二人に会って話を聞くのが近道。東京・目黒にオープンしたばかりのHUB Tokyoにお邪魔して、現場で二人に話を聞いてくることにしました。

「え? ここですか」、見つけにくく入りにくいたたずまい

HUB Tokyoの外観。通りかかっても、見過ごしてしまいそう。
[画像のクリックで拡大表示]

 HUB Tokyoは、JR目黒駅から徒歩10分ほどの距離ですが、お世辞にも見つけやすい場所ではありません。教えてもらった住所にたどり着くと、そこにあったのは年代を感じる工場の建物。どこにワーキング・スペースがあるのかと目を凝らすと、重々しい鉄のトビラの前に申し訳程度に黒板に書かれた「HUB Tokyo」 の文字が見つかりました。

 「え? ここですか」。これが正直な感想です。お洒落な「コワーキング・スペース」を探していたら、きっと見落としてしまうことになるでしょう。

 それもそのはず。HUB Tokyoがある建物は、かつて印刷工場でした。多少改装はしているものの、ほぼ印刷工場そのままの状態を居抜きでワーキング・スペースに仕立て上げています。

 なぜ、こんなに見つかりにくい場所とたたずまいなのか。資金が足りなくて、改装できなかったの? もしかすると、それもあるかもしれませんが、「実は少し見つかりにくくしているのだ」とHUB Tokyo代表の槌屋氏は話します。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング