半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 
2013/03/06 00:00
印刷用ページ
筆者の清水洋治氏は現在、「半導体の今と未来を識者が論じる SCR大喜利」にも登場いただいています。こちらの連載では、半導体業界に関するさまざまな“お題”に関して、複数の識者が独自の切り口で回答していきます。合わせてご覧ください。

 某半導体メーカーに勤務し、半導体の開発設計やマーケット調査などの業務に携わる清水洋治氏が、半導体産業に関わるさまざまなトピックスを毎回取り上げつつ、日本の半導体産業が向かうべき方向性を提起する連載コラムです。

著者●清水 洋治(しみず ひろはる)
某半導体メーカーで(1)半導体の開発設計、(2)マーケット調査と市場理解、(3)機器の分解や半導体チップ調査、(4)人材育成、という四つの業務に従事中。この間、10年間の米国駐在や他社との協業を経験してきた。

SCR大喜利での回答

強い半導体メーカーがM&Aに走り始めた理由
[2015年5月22日]

ソシオネクストのあしたはどっちだ
[2015年4月22日]

MediaTek社の強さとインパクト
[2015年3月23日]

展望、2015年の半導体業界
[2015年2月23日]

日本の活力の真実を測る
[2015年1月23日]

リコールリスクと向き合う半導体事業
[2014年12月24日]

今意義を問い直すSEMICON Japan
[2014年11月27日]

パワー半導体の技術マップを探る
[2014年10月27日]

控えめな支配者ARMの功罪
[2014年09月17日]

日本の車載半導体はどこまで強いのか
[2014年08月19日]

日本の半導体メーカーが攻略すべき医療・ヘルスケア
[2014年07月14日]

ファウンドリー主導で決まる半導体業界の未来
[2014年06月11日]

微細化終焉後の人間社会を展望する
[2014年03月26日]

2014年の半導体/エレ業界を占う
[2014年02月18日]


<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング