ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

台湾Innoluxが10四半期ぶりに営業黒字、新サイズと4Kパネルで積極攻勢

中根 康夫=ドイツ証券
2013/03/19 00:00
印刷用ページ

 台湾TFT-LCD大手のInnolux社(以下、同社)は、2013年2月26日に2012年第4四半期(4Q)の決算説明会を実施した。4Qの売上高は1296億300万(1296.03億)ニュー台湾(NT)ドルだった。対前年同期比(YOY)は-1%で、対前期比(QOQ)はほぼ横ばいだった。

 売上総利益は94.66億NTドル(YOYは黒字転換、QOQは+123%)、営業利益は31.38億NTドル(YOYは黒字転換、QOQも黒字転換)と10四半期ぶりに営業利益が黒字転換した。ただし、30億NTドルを超える反トラスト法対応関係の引当金計上により、当期純損失は32.51億NTドル(YOYは赤字縮小、QOQも赤字縮小)となった。売上総利益率はQOQで+4.0%ポイント改善の7.3%、営業利益率は2.4%。稼働率は95%(3Qも95%)。在庫は42.035億NTドルと3Qの503.04億NTドルからQOQで-16%。在庫回転日数は3Qの41日から35日(期首期末平均、原価ベース)に低下した。

12年通年では189億NTドルの営業赤字

 12年通年では、連結売上高は4809.13億NTドル(YOYは-4%)、売上総利益は49.31億NTドル(同 黒字転換)、営業損失は-189.00億NTドル(同 赤字縮小)、当期損失は-292.71億NTドル(同 赤字縮小)。売上総利益率は1.0%、営業利益率は-3.9%。設備投資額は171.38億NTドル(同 -62%)。12年の大型パネルの出荷枚数は1億4680万枚(同 +5%)、中小型パネルが4億700万枚だった(同 -3%)。

 一方、4Qの大型パネルの出荷枚数は4840万枚でYOYは+9%、QOQでは-6%である。平均単価(ASP)は88米ドル(3Qは84米ドル)とYOYで横ばい、QOQでは+6%になる。中小型の出荷枚数は1億1400万枚とYOYで-1%、QOQでは+6%だった。アプリケーション別売上構成(金額ベース)はテレビ向けが42%(3Qは43%)、モニター向けは19%(同19%)、中小型は21%(同20%)、NB(ノートブック・パソコン)向けは14%(同16%)、その他は4%(同2%)である。

 続いて、13年1Qの見通しを紹介する。(1)大型パネルの出荷量はQOQで-11~14%(Low teen)程度。ただし、平均サイズの大型化により面積換算ではQOQで7~9%(High single digit)程度の減少に留まる。なお、YOYでは2桁の伸びを見込む。(2)中小型パネルの出荷量はQOQで7~9%(High single digit)程度の減少。YOYでは2桁成長を見込む。(3)稼働率は95%程度を維持したい。需要は減少するが在庫水準が低いので、下期に向けて多少在庫を積むこともあり得る。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング