• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新ものづくり技術者が見た「スパコン」の世界 > 第5回:「ベオウルフ(Beowulf)」とPCクラスタシステム、そしてPGI CDK

ものづくり技術者が見た「スパコン」の世界

第5回:「ベオウルフ(Beowulf)」とPCクラスタシステム、そしてPGI CDK

  • 柴田 直樹=日本アイ・ビー・エム PureSystems事業部 システムズ&テクノロジーエバンジェリスト
  • 2013/03/08 00:05
  • 1/2ページ

 皆さん、こんにちは。日本IBMの柴田です。この連載も5回目を迎えることが出来ました。今回は、筆者がスパコンの世界で最も深く携わった、「PCクラスタシステム」について書いてみたいと思います。

PGIコンパイラとLinuxとの出会い

 1999年の秋、著者は数値計算ライブラリベンダーを卒業して、HPC系の開発環境のサポートとHPCシステム導入のコンサルを行う会社に移籍していました。その会社では、前回の記事にも登場したPGI(The Portland Group Inc)コンパイラのテクニカルサポートを担当することになりました。

 当時、スパコンに限らずサーバーOSといえばUNIXが主流でした。ハードウエア・メーカーはそれぞれ独自開発のCPUやハードウエア・アーキテクチャ、そして自社開発のUNIX OSとコンパイラなどの開発環境といった感じで、ユーザーにとっては非常に高価な環境だったと思います。

 そこに、PCで動作する「Linux」が登場したわけです。当初は一部のマニア向けという感じでしたが、著名なディストリビューターが登場したことで、利用者が一気に増えていった時期だったと記憶しています。

 PGIコンパイラもLinuxでの利用者が大半でした。筆者が当時好んで使っていたディストリビューションは「Turbo Linux」と「Red Hat Linux」でした。パッケージングの出来に少し違いがあり、その頃はTurbo Linuxを使うことが多かったと思います。当時のカーネルは2.0.12とか、そのくらいだったと記憶していますが(正確には覚えていません)、当初は筆者も全くの素人で、設定方法もよく分かりませんでした。そして、設定をおかしくしては再インストールを繰り返しながら、Linuxを覚えていきました(人間、めんどうなことは、できれば避けて通りたいですからね ^^)。

 話が少し横道にそれました。とにかくPGIコンパイラとLinuxに出会ったことにより、PCベースでもUNIX系のOSが利用でき、高価なUNIXワークステーションに似た環境が安価に手に入るようになった!! と、そんな気がしていました。もちろん、PGIコンパイラのお客様も自分の計算用のUNIX機を手に入れ、自分の好きなように専有する喜びを感じていたはずです。そして筆者は、“これらをたくさん組み合わせればスパコンになるんだろうなー”と漠然と考えていました。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓