デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

村田 恒夫氏(村田製作所 代表取締役 社長)<上>

モノづくりの現場を知らずに研究開発はできない

田野倉 保雄,佐伯 真也
2013/04/03 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2010年11月29日 、pp.131-133 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 村田製作所が手掛ける自転車型ロボット「ムラタセイサク君」と,一輪車型ロボット「ムラタセイコちゃん」。これらは展示会で,来場者の大きな注目を集める。同社にとっては,蓄電用コンデンサや各種センサ,通信モジュールといった自社部品の性能アピールと同時に,子供の「理系離れ」を食い止める狙いがあるという。
 理系離れ、ゆとり教育が課題として取り上げられることが多い中でも、村田製作所の村田恒夫社長は「新入社員の学力が低下しているとは思わない」とみる。では、どのように技術者の社内育成に取り組んでいるのか。エレクトロニクス産業の将来像をどう描いているのか。日経エレクトロニクスが聞いたインタビューを2回にわたって紹介する。

――理系離れが10年以上にわたって叫ばれている。

むらた つねお 1974年3月,同志社大学 経済学部を卒業後,村田製作所に入社。1989年6月に取締役,1991年6月に常務取締役,1995年6月に専務取締役などを経て,2003年6月に取締役副社長,代表取締役に就任。2007年6月から現職。(写真:栗原 克己)

 理系離れを憂いても仕方がない部分はある。当社では,ムラタセイサク君やムラタセイコちゃんを使った「出前授業」を実施している。ムラタセイサク君については,2005年の発表以降,既に国内250カ所以上を回った。こうした活動を通じて,理科が好きな子供たちをできるだけ増やしたい。

――ここ数年の新入社員は「ゆとり世代」と呼ばれ,学力の低下を指摘する声がある。村田製作所では,新入社員教育として何か力を入れていることはあるか。

 私自身,最近の新入社員の学力が低下しているとは思わない。

 この問題とは別に,当社では2009年度から新入社員教育として大きく変えたことがある。入社して約1カ月間の本社研修が終了した後に,約半年間の工場実習を経験させるようにした。これは,大学卒や大学院卒といった学歴に関係なく,すべての新入社員に対して実施しているものだ。もちろん,交代制勤務もある。

 半年間の工場実習を実施したのには訳がある。我々が手掛ける電子部品では製造ラインが大規模になっているため,短期間の工場実習では「ボタンを押す」「物を運ぶ」といった作業だけになることが多く,しっかりとした実習にならない。やはり村田製作所は「モノづくり」の会社。現場を知らないで研究開発部門に配属しても意味がないという危機感を持って実施することにした。

 工場での勤務は,体力的に厳しい。「音を上げる新入社員もいるのでは」と内心思っていた。しかし,新入社員全員がちゃんと実習を終えて,その後もイキイキと働いているようだ。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング