• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント日の丸エレクトロニクスへのエール > 中島 聡氏(UIEジャパン 取締役会長)

日の丸エレクトロニクスへのエール

中島 聡氏(UIEジャパン 取締役会長)

汎用製品事業を捨て、新しいことに挑もう

  • 日経エレクトロニクス
  • 2013/03/18 00:00
  • 1/2ページ

 残念ながら、今、自分が大学を卒業したと仮定して、日本には就職したいエレクトロニクス関連の企業がない。インターネット関連の技術者なら米Google社、電子機器を作りたいのなら米Apple社に入りたい、と多くの人が思うだろう。日本人として、この状況は悲しい限りだ。

なかじま さとし 米Microsoft社でWindows 95や同98、Internet Explorer 3.0/4.0のチーフ・アーキテクトを務める。2000年にMicrosoft社を退職し、UIEvolution社を設立、現在もプログラマーとして活躍中。(写真:吉田 明弘)

 日本の会社で面白いと思うのは、例えばユニクロのファーストリテイリングだ。元気があるし、経営のトップがはっきりと戦略を打ち出している。これほど明確なビジョンを示している企業は、日本の大手電機にはないと思う。技術系企業の最終目標は、技術者にとって働きがいのある楽しい職場を提供し、消費者や株主も喜ばすことだ。正直、今の枠組みでは難しい。従来の型にはまらない、新しい企業が生まれてほしいと思う。

スペック重視の開発が元凶

 日本メーカーと長らく付き合ってきて分かったことだが、技術者が持っている「いいものを作ろう」という意志と、「社内で稟議を通さなくてはならない」という現実に大きなギャップがあるようだ。日本では、家電量販店で製品の仕様(スペック)に「○」「×」を付けて優劣を比較される。だから、社内で稟議を通すためにはスペックを重視せざるを得ない。これでは、ユーザー視点に立脚した開発はできない。

 最近、採用が急増しているAndroidについても、「Androidを搭載してどんな製品を開発するのか」といった本質的な議論がなされていないように見える。単に稟議が通りやすいからAndroidを採用する場合が多いのだろう。そうなると、機能がテンコ盛りでコストが高く、もうからない端末ばかりができてしまう。実際、日本メーカーがAndroidを搭載しただけの特徴のない電子機器でもうけるのは無理。この領域で勝てるのは、韓国Samsung Electronics社や米Dell社など海外の大手企業に限定される。

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓