技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

中島 聡氏(UIEジャパン 取締役会長)

汎用製品事業を捨て、新しいことに挑もう

日経エレクトロニクス
2013/03/18 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2011年4月4日号 、p.52 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 残念ながら、今、自分が大学を卒業したと仮定して、日本には就職したいエレクトロニクス関連の企業がない。インターネット関連の技術者なら米Google社、電子機器を作りたいのなら米Apple社に入りたい、と多くの人が思うだろう。日本人として、この状況は悲しい限りだ。

なかじま さとし 米Microsoft社でWindows 95や同98、Internet Explorer 3.0/4.0のチーフ・アーキテクトを務める。2000年にMicrosoft社を退職し、UIEvolution社を設立、現在もプログラマーとして活躍中。(写真:吉田 明弘)

 日本の会社で面白いと思うのは、例えばユニクロのファーストリテイリングだ。元気があるし、経営のトップがはっきりと戦略を打ち出している。これほど明確なビジョンを示している企業は、日本の大手電機にはないと思う。技術系企業の最終目標は、技術者にとって働きがいのある楽しい職場を提供し、消費者や株主も喜ばすことだ。正直、今の枠組みでは難しい。従来の型にはまらない、新しい企業が生まれてほしいと思う。

スペック重視の開発が元凶

 日本メーカーと長らく付き合ってきて分かったことだが、技術者が持っている「いいものを作ろう」という意志と、「社内で稟議を通さなくてはならない」という現実に大きなギャップがあるようだ。日本では、家電量販店で製品の仕様(スペック)に「○」「×」を付けて優劣を比較される。だから、社内で稟議を通すためにはスペックを重視せざるを得ない。これでは、ユーザー視点に立脚した開発はできない。

 最近、採用が急増しているAndroidについても、「Androidを搭載してどんな製品を開発するのか」といった本質的な議論がなされていないように見える。単に稟議が通りやすいからAndroidを採用する場合が多いのだろう。そうなると、機能がテンコ盛りでコストが高く、もうからない端末ばかりができてしまう。実際、日本メーカーがAndroidを搭載しただけの特徴のない電子機器でもうけるのは無理。この領域で勝てるのは、韓国Samsung Electronics社や米Dell社など海外の大手企業に限定される。

【技術者塾】(9/16開催)
開発・設計者必修の購買コストダウン術

~コストダウン効果の高い開発購買と購買業務の基本テクニック~


設計と購買に精通した開発購買のプロが、開発・設計技術者に向けてコスト削減活動の重要性と活動への心構え、機能購買、有利購買の考え方・進め方、コスト分析技術、価格を決める交渉術など、開発購買を効果的に進めるために必要な購買知識を分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日時:2015年9月16日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング