エネルギー
 

EV用急速充電、早くも戦国時代 テスラが独自規格推進

大場 淳一=テクノアソシエーツ
2013/03/06 00:00
印刷用ページ
図1●チャデモ規格に準拠するハセテック製急速充電器
(写真:テクノアソシエーツ)
[画像のクリックで拡大表示]

 電気自動車(EV)向け急速充電技術の規格を巡って、国際的な主導権争いが活発化している。同規格では、トヨタ自動車や日産自動車など日本の大手自動車メーカーなどが手掛ける「CHAdeMO(チャデモ)」が世界標準を目指して先行していたが、2012年5月に、欧米の大手自動車メーカー8社が「SAE Combo(コンボ)」規格を発表(図1)、対抗する姿勢を明確にした。

 さらに、有力なEVベンチャー企業である米Tesla Motors(テスラ)は2012年9月、チャデモでもコンボでもない独自規格「Tesla Supercharger」を開発して充電インフラの整備事業に乗り出した。EV用急速充電器の市場は、早くも戦国時代の様相を呈している。

テスラの目標は2015年に100カ所超

 Supercharger は、同社のEV「Tesla Model S」や今後発売する車種のみに対応した急速充電器で、系統網の電力を使用する(図2)。

図2●「SuperCharger」の利用イメージ
図2●「SuperCharger」の利用イメージ
(図:テスラ)

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング