• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギークリーンテック世界動向 > EV用急速充電、早くも戦国時代 テスラが独自規格推進

クリーンテック世界動向

EV用急速充電、早くも戦国時代 テスラが独自規格推進

  • 大場 淳一=テクノアソシエーツ
  • 2013/03/06 00:00
  • 1/3ページ
図1●チャデモ規格に準拠するハセテック製急速充電器
(写真:テクノアソシエーツ)
[画像のクリックで拡大表示]

 電気自動車(EV)向け急速充電技術の規格を巡って、国際的な主導権争いが活発化している。同規格では、トヨタ自動車や日産自動車など日本の大手自動車メーカーなどが手掛ける「CHAdeMO(チャデモ)」が世界標準を目指して先行していたが、2012年5月に、欧米の大手自動車メーカー8社が「SAE Combo(コンボ)」規格を発表(図1)、対抗する姿勢を明確にした。

 さらに、有力なEVベンチャー企業である米Tesla Motors(テスラ)は2012年9月、チャデモでもコンボでもない独自規格「Tesla Supercharger」を開発して充電インフラの整備事業に乗り出した。EV用急速充電器の市場は、早くも戦国時代の様相を呈している。

テスラの目標は2015年に100カ所超

 Supercharger は、同社のEV「Tesla Model S」や今後発売する車種のみに対応した急速充電器で、系統網の電力を使用する(図2)。

図2●「SuperCharger」の利用イメージ
図2●「SuperCharger」の利用イメージ
(図:テスラ)
【技術者塾】(6/13開催)
自動車エンジンと制御部品の最新注目技術と今後のトレンド

基本構造から排出ガス規制、燃費低減技術、新興国対応までを解説


自動車向けエンジンとエンジン制御システムに関する最新技術や今後の方向性を実務経験豊富な講師が分かりやすく解説します。自動車エンジンや制御部品に現在求められる技術と今後の方向性の全てを1日で学べます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月13日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ