半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 

電気自動車がもたらすパッケージング革命

Jean-Christophe Eloy=President & CEO, Yole Developpement社
2013/02/21 06:00
印刷用ページ

 電気自動車(EV)とハイブリッド電気自動車(HEV)の需要が、今後15~20年で数千万台に達する見込みだ。このことは、パワー・モジュールの設計とメーカーの業界地図に変化をもたらす。トヨタ自動車は、同社のハイブリッド車によって、パワー・エレクトロニクスのパッケージングの改善を牽引した。他の自動車メーカーもこれに続き、独Infineon社、デンマークDanfoss社、独SEMIKRON社、富士電機といった企業によるパッケージング技術の進歩につながっている。そして、この恩恵をすべての市場が受けている。

 産業向けおよび再生可能エネルギー向けといった従来のパワー・モジュールの市場では、高信頼性、長寿命、高品質が要求される。非常に高い付加価値や少量生産も求められるが、コスト圧力は比較的小さい。EVとHEVは、広い動作温度範囲といった、より高性能な仕様を実現するための研究を促進している。そして、このことは既存の用途にもプラスになるだろう。

 パワー・エレクトロニクス業界は、現在Alワイヤ・ボンディングが広く用いられているという点で異常な状態にある。抵抗を下げ、熱伝導率を高め、寿命を伸ばすことができる他の選択肢によって、より良い性能が実現できるかもしれない。ワイヤ・ボンディングは、とても脆く、熱サイクルや振動、衝撃によって外れてしまう可能性がある。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング