• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスデバイス技術を俯瞰する・Yoleレポート > 電気自動車がもたらすパッケージング革命

デバイス技術を俯瞰する・Yoleレポート

電気自動車がもたらすパッケージング革命

  • Jean-Christophe Eloy=President & CEO, Yole Developpement社
  • 2013/02/21 06:00
  • 1/3ページ

 電気自動車(EV)とハイブリッド電気自動車(HEV)の需要が、今後15~20年で数千万台に達する見込みだ。このことは、パワー・モジュールの設計とメーカーの業界地図に変化をもたらす。トヨタ自動車は、同社のハイブリッド車によって、パワー・エレクトロニクスのパッケージングの改善を牽引した。他の自動車メーカーもこれに続き、独Infineon社、デンマークDanfoss社、独SEMIKRON社、富士電機といった企業によるパッケージング技術の進歩につながっている。そして、この恩恵をすべての市場が受けている。

 産業向けおよび再生可能エネルギー向けといった従来のパワー・モジュールの市場では、高信頼性、長寿命、高品質が要求される。非常に高い付加価値や少量生産も求められるが、コスト圧力は比較的小さい。EVとHEVは、広い動作温度範囲といった、より高性能な仕様を実現するための研究を促進している。そして、このことは既存の用途にもプラスになるだろう。

 パワー・エレクトロニクス業界は、現在Alワイヤ・ボンディングが広く用いられているという点で異常な状態にある。抵抗を下げ、熱伝導率を高め、寿命を伸ばすことができる他の選択肢によって、より良い性能が実現できるかもしれない。ワイヤ・ボンディングは、とても脆く、熱サイクルや振動、衝撃によって外れてしまう可能性がある。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓