家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 
高橋 史忠=Tech-On!
2013/04/16 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2002年3月25日号 、pp.206-207 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 1997年夏。松下電器産業(現パナソニック)の光ディスク事業部では前年から開発が続く携帯型DVDプレーヤが次第にその姿を現し始めていた。同事業部の事業部長を務める四角(よすみ)利和が持つデザインに対する強いこだわりを反映しながら筐体のデザインを固め,その色をシルバーに決める。そして,この年の秋にはついに待望の試作機が完成した。迎えた初の一般公開の時。「エレクトロニクスショー」での出展は成功裏に終わる。しかし,開発に携わる技術者たちはまだ胸を張れないでいた。まずぶち当たった課題はLSIに起因する「熱」である。

「いいアイデア浮かびましたわ」

「ほんまか。どんなんや」

 ある日,開発メンバーの1人がニコニコと自説を展開し始める。

「ディスクの回転を利用するんです」

「ほう,回転な」

「ディスクが回るやないですか」

「ああ。それは分かった。その先をゆうてや」

 いかにももったいぶった言い方を残りのメンバーがせかす。

「するとね,空気が動くでしょ」

「おお,動く動く」

「空冷ですよ」

「空冷?」

「空気の動きを使うて,熱い空気を外に出すんですわ。ディスクを一種の空冷ファンみたいに使たらどうやろ」

「空気がうまく流れるよう,筐体に穴を開けるゆうことか?」

「そう。筐体内で空気の流れを起こせばええんとちゃいますか」

 開発メンバーはひざを叩く。

「それや!おもろい。やってみよか」

 まず,空気を排気する穴を筐体に開け,DVDディスクを回す。何となく空気が流れているように感じる。

 ――おっ,ええ感じや。

 しばらくして触ってみる。熱い。いつもよりも多く回してみる。やはり熱い。さらに回す。でも,一向に温度が下がる気配はない。

「なんや,あかんやないかっ」

携帯型DVDプレーヤ開発の歴史
[画像のクリックで拡大表示]
【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング