家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

ソニー、許すまじ(下)

高橋 史忠=Tech-On!
2013/02/05 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2001年1月17日号 、pp199-201 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 松下電器産業(現パナソニック)が1998年2月に発売した液晶パネル付きの携帯型DVDプレーヤ「DVD―L10」。「持ち歩いて映像を見るユーザーなんていない」という周囲の声が強い中,新しい分野を切り開いた。「映像を持ち歩く」というユーザー体験は,スマートフォンやタブレット端末で“いつでもどこでも”動画配信を楽しむ現在の生活スタイルに脈々と続いている。新分野を築き上げた製品開発の裏には,ある男の執念があった。

普通にやっては勝てへん

 携帯型CDプレーヤをとにかく早期に開発すること。この目標に向けて,四角(よすみ)をリーダーとするプロジェクト・チームが立ち上がる。

 それを尻目に,ソニーの携帯型CDプレーヤは世の注目をさらっていた。テレビや新聞によれば,持ち歩く用途だけでなく,家の中で据置型として利用する ユーザーも少なくないという。「小さい」「軽い」,そして「安い」。この3つのキーワードがCDプレーヤ市場に再び火を付けようとしていた。しかもすごい 勢いで。急がなければ。

 1984年の暮れも押し迫った12月30日の日曜日。休日にもかかわらず召集された携帯型CDプレーヤの開発メンバーは,製品企画やスケジュールを詰める会議を開いた。

「とにかく早よせんといかん」

「そう言われても,限度ゆうもんがありますわ」

「目ぇ覚ませ。ソニーはもうできとる。それがうちには何でできへんのや」

 企画会議では喧々囂々(けんけんごうごう)の議論が続き,時には四角の怒号が鳴り響いた。「規格を策定したのはソニーやから,負けてもしゃあない」。何度も口から出掛かったこの捨て台詞を,ようやく四角は噛み殺した。

携帯型DVDプレーヤ開発の歴史
CD : compact disc CES: Consumer Electronics Show DVD : Digital Video Dis
[画像のクリックで拡大表示]
【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング