JTNインタビュー

栗山 年弘氏(アルプス電気 代表取締役社長)<下>

バーチャルな専業メーカーへ、組織の壁を壊す

  • 久米 秀尚=日経エレクトロニクス
  • 2013/02/07 00:00
  • 1/3ページ
  • 保存

24年ぶりの新社長として2012年6月にアルプス電気のトップに就任した栗山年弘氏。HDD向け磁気ヘッドの開発などを主導してきた同氏は「バーチャルな専業メーカーを目指す」と意気込む。中国・台湾勢に押される中、日本の老舗部品メーカーの活路は。同氏が考える戦略と将来像を掲載する。(聞き手は久米 秀尚)

─消費者のニーズは刻一刻と変化している。どのような対応策を考えているのか。

くりやま としひろ 1957年生まれ。京都大学 理学部 物理学科卒業後、1980年4月にアルプス電気に入社。2004年4月に磁気デバイス事業部 事業部長、2007年4月に事業開発本部 本部長を担当。2011年6月に常務取締役に就任後、2012年4月に技術本部 本部長に。同年6月に代表取締役社長に就任し、現在に至る。(写真:栗原 克己)

 2012年4月に、全社の組織を再編した。具体的には、技術、生産、営業と機能で分けた。これは、市場を固定しない、というメッセージだ。「この技術はどこに適用したら一番伸びるのか」を考え、臨機応変にできるようにする狙いがある。

 言い換えると、“バーチャルな専業メーカー”を目指すということだ。「総合メーカー」と「専業メーカー」を比較すると、やはり専業メーカーが強い。総合メーカーはいい面もあるが、個別の戦いで専業メーカーに敗れることが増えている。

 そうはいっても、我々は「総合部品メーカー」の看板を下ろしたわけではない。総合メーカーの中でも、いかに専業メーカーと戦うか、が求められている。そのカギを握るのが、組織だと考えた。例えば、「今狙うのはスマートフォンだ!」となったときにすぐにリソースを割けるか。「クルマだ!」となったときにはモジュール開発に長けた技術者を集めて一気に開発するようにできるか。リソースを一つの事業部の中で、スピード感を持って臨機応変に再配置できるようにしなければならない。

  • 保存
【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ