• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメントJTNインタビュー > 栗山 年弘氏(アルプス電気 代表取締役社長)<下>

JTNインタビュー

栗山 年弘氏(アルプス電気 代表取締役社長)<下>

バーチャルな専業メーカーへ、組織の壁を壊す

  • 久米 秀尚=日経エレクトロニクス
  • 2013/02/07 00:00
  • 1/3ページ

24年ぶりの新社長として2012年6月にアルプス電気のトップに就任した栗山年弘氏。HDD向け磁気ヘッドの開発などを主導してきた同氏は「バーチャルな専業メーカーを目指す」と意気込む。中国・台湾勢に押される中、日本の老舗部品メーカーの活路は。同氏が考える戦略と将来像を掲載する。(聞き手は久米 秀尚)

─消費者のニーズは刻一刻と変化している。どのような対応策を考えているのか。

くりやま としひろ 1957年生まれ。京都大学 理学部 物理学科卒業後、1980年4月にアルプス電気に入社。2004年4月に磁気デバイス事業部 事業部長、2007年4月に事業開発本部 本部長を担当。2011年6月に常務取締役に就任後、2012年4月に技術本部 本部長に。同年6月に代表取締役社長に就任し、現在に至る。(写真:栗原 克己)

 2012年4月に、全社の組織を再編した。具体的には、技術、生産、営業と機能で分けた。これは、市場を固定しない、というメッセージだ。「この技術はどこに適用したら一番伸びるのか」を考え、臨機応変にできるようにする狙いがある。

 言い換えると、“バーチャルな専業メーカー”を目指すということだ。「総合メーカー」と「専業メーカー」を比較すると、やはり専業メーカーが強い。総合メーカーはいい面もあるが、個別の戦いで専業メーカーに敗れることが増えている。

 そうはいっても、我々は「総合部品メーカー」の看板を下ろしたわけではない。総合メーカーの中でも、いかに専業メーカーと戦うか、が求められている。そのカギを握るのが、組織だと考えた。例えば、「今狙うのはスマートフォンだ!」となったときにすぐにリソースを割けるか。「クルマだ!」となったときにはモジュール開発に長けた技術者を集めて一気に開発するようにできるか。リソースを一つの事業部の中で、スピード感を持って臨機応変に再配置できるようにしなければならない。

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓