• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメントTech-On!書籍レビュー > 【日経BPから】イノベーションとオペレーションの戦い

Tech-On!書籍レビュー

【日経BPから】イノベーションとオペレーションの戦い

ホンダイノベーションの神髄、小林三郎著、1,890円

  • 日経Automotive Technology
  • 2013/03/03 00:00
  • 1/1ページ
ホンダ イノベーションの神髄、1890円(税込)、四六、310ページ、日経BP社、2012年7月
ホンダ イノベーションの神髄、1890円(税込)、四六、310ページ、日経BP社、2012年7月
[画像のクリックで拡大表示]

 「本田宗一郎という強烈な個性を失い、ホンダは普通の大会社になった」という人がいる。本書を読めば、ホンダは「本田宗一郎に代わる仕組み」を作り上げていることが分かる。著者はホンダでエアバッグを開発、その後はホンダの経営者たちと身近に接してきた。そんな経験を生かしてイノベーションの真髄を語る。

 著者は仕事をイノベーションとオペレーションに分けて考える。オペレーションは95~98%の成功率を求められる。成功するためには論理と分析が必要だ。一方、本格的なイノベーションの成功率は10%にも満たない。期間も10年以上になることが多い。これを論理と分析で進めるのは無理だ。「熱意」や「想い」で進めるしかない。

 会社では仕事のほとんどがオペレーションである。だからオペレーションで成功した人が上司になる。その上司がイノベーションまで論理と分析で評価してしまう。この矛盾に打ち勝たなくては、イノベーションを成功させることはできないのである。

ご購入はこちら

トップページへ

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓