• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

大塚 周一氏(ジャパンディスプレイ 代表取締役社長)<下>

尖った技術が勝負を決める

佐伯 真也=日経エレクトロニクス,大下 淳一=日経エレクトロニクス
2013/01/31 00:00
1/3ページ
出典:日経エレクトロニクス、2012年1月23月号 、pp.76-77 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 東芝と日立製作所、ソニーの3社が、それぞれの子会社が手掛ける中小型ディスプレイ事業を統合し、産業革新機構が主体となって2012年4月に、新会社「ジャパンディスプレイ」を設立した。統合後の金額シェアは、2010年における合算値で21.5%となり、世界最大の中小型液晶ディスプレイ・メーカーとなった。
 ジャパンディスプレイの代表取締役社長に就任したのが、2011年6月までエルピーダメモリで取締役兼COO(最高執行責任者)を務めていた大塚氏である。異なる企業文化を持つメーカー3社の事業統合をどのように進めていくのか。(聞き手は佐伯 真也、大下 淳一)

─技術的な話を聞きたい。ジャパンディスプレイの強みは何か。

おおつか しゅういち 1951年福岡県生まれ。日本テキサス・インスツルメンツ、ソニーを経て、2002年にエルピーダメモリ入社。2004年から同社 取締役 兼 COOを務めた後、2011年6月に退任。2012年春に、ジャパンディスプレイ 代表取締役社長に就任。(写真:栗原 克己)

 中小型ディスプレイ事業は、カスタム性が高い特殊なビジネス。既に、自ら顧客の声を聞き始めているが、スマートフォンや車載機器といった最終製品の差異化に向け、ディスプレイの価値が高まっていることを実感している。そこに尖った技術を提案できるかどうかで、勝負が決まるだろう。

 統合3社の技術力に対する評価は、非常に高いと自負している。核となるのは、(低温多結晶Si TFTによる)高精細化技術と、IPSモードによる高視野角化技術。この二つは、まだまだ進化の余地がある。我々には、インセル型のタッチ・パネルや3次元(3D)映像表示の技術もある。

 カスタム性が高いビジネスであるため、こうした技術を組み合わせて発展させることで、尖った性能を実現できるようになる。新規性の高い技術を持ったメーカーだけが勝つのではなく、既存の技術をいかに洗練するかが勝負どころとなる。

 さらに我々は、競合他社のように機器部門を持つ垂直統合型の事業モデルではない。このため、ユーザーの懐に大胆に入り込んで、新規提案ができるという強みがある。

 もちろん、新規技術の開発も推進していく。現在、技術の棚卸し中だが、有機ELやフレキシブル・ディスプレイ、MEMSディスプレイなどがその候補だ。

【技術者塾】(2/17開催)知財情報戦略であぶり出す自動車分野の技術開発動向
~自動運転、FCVを中心として~


自動車メーカー各社が開発を進める自動運転技術と燃料電池車(FCV)。それぞれを牽引する、米Google社とトヨタ自動車に焦点を当て、両者の強みや技術開発戦略を、知財情報解析を駆使してあぶり出します。その上で、日本メーカーとして留意すべき点、対策すべき点を明らかにします。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月17日(水)13:00~17:00
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング