• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > 進化する大部屋

進化する大部屋

連載主旨
 日本発祥といっても差し支えない「大部屋」。その大部屋が海外の企業にも普及するにつれて、進化を遂げている。生産技術や生産だけではなく企画/設計/営業/サービス/管理といった部署にも適用対象が広がっているのだ。また、開発環境のグローバル化に伴い、PDM(Product Data Management)やPLM(Product Lifecycle Management)といったITの活用による大部屋のデジタル化も視野に入れる必要が出てきた。日本でトヨタ式を学び、それを基に国内外の大手製造業に向けて大部屋の導入・運用を支援してきた筆者が、進化する大部屋の現状と製造業への処方箋を明らかにする。
田中 孝史(たなか たかし)
ダッソー・システムズ ENOVIA営業部 シニア・ビジネス・コンサルタント
1960年生まれ。米Oklahoma City UniversityでMBA(経営学修士)取得。日本能率協会コンサルティング、豊田エンジニアリングを経て、ダッソー・システムズに入社。国内外の大手自動車メーカー、米Harley-Davidson社などの輸送機械関連、米Boeing社などの航空機関連をはじめ、さまざまな産業でコンサルティングを実施してきた。日本のマネジメント技術をグローバル企業に適用することを使命としている。

記事一覧

【技術者塾】(10/28開催)
自動車構造部品の信頼を支える金属疲労メカニズムと疲労向上技術

材料特性から把握して設計段階で安全を担保する


疲労強度設計を正しく行うために必要な知識や技術について解説します。金属の疲労強度の基本知識から、鉄鋼材料を中心とする材料強度の基本知識、疲労強度の向上方法など、幅広い範囲を実データを交えながら分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ