日経ものづくり

日本企業が海外拠点で開発した“逆転”旋盤

木崎 健太郎=日経ものづくり
2013/01/10 08:50
印刷用ページ
 
 少し旧聞に属する話ですが、「第26回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2012)」(2012年11月1~6日開催、東京ビッグサイト)で、ヤマザキマザックのブースで最も人を集めていたのは、刃物が動く旋盤「ORBITEC 20」でした(図1、2)。普通の旋盤は、高速で“自転”するワークに刃物を当てて削りますが、ORBITEC 20では固定したワークの周りを高速で刃物が“公転”することで削ります。つまり、動くものと止まっているものの関係が逆転しています。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

「日経ものづくりNEWS」は、月~金曜日配信の無料メールサービスです

技術者塾
【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、
「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。

購読のご案内

毎月1日発行(年12冊)
年間購読料(税込み)
  • 1年(12冊) 16,800円
  • 3年(36冊) 33,600円
  • 一部売価格(税込み) 1,800円