技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

リバース・イノベーション2.0

徐 航明=Tech-On!特約ライター
2013/01/10 00:00
印刷用ページ

 米通信技術大手のQualcomm社は、2011年12月8日、普及価格帯のスマートフォンが一般的になっている地域に向けて携帯端末を開発しているメーカーを支援するために、「Qualcomm Reference Design(QRD)開発プラットフォーム」と「エコシステムプログラム」を拡充したと発表した(Qualcomm社の関連リリース)。

 この発表は、当時、日本ではあまり注目されなかった。しかし、中国では比較的大きく取り上げられた。その背景には、台湾MediaTek社(聯発科技)の存在がある。中国では「Qualcomm社は、中国のローエンド・スマートフォン市場の拡大を見据えてMediaTek社の『ターンキー・ソリューション』を真似してスマホメーカー向けのQRD開発プラットフォームを開発した」とするような報道が多かった。

 日本では、最近、「スマホは誰でも作れる モバイル時代の『盟主』、次の一手」(2012年12月21日付の『日本経済新聞電子版』)というようなQualcomm社関連の記事が掲載されるなど、Qualcomm社のQRDシステムを革新的な手法と高く評価する傾向が見られる。しかし、MediaTek社と比較してみれば、Qualcomm社のこの「次の一手」とは、実は、新興企業から起きたイノベーションを参考にしたマーケティング戦略とも見て取れる。いわば、これは、近年注目されているリバース・イノベーション*1の新たな動きであり、先進国のグローバル企業が新興企業のビジネスモデルを採用するといった点においてリバース・イノベーションは“リバース・イノベーション2.0”の段階に入ったのではないかと筆者は考えている。

*1 リバース・イノベーション 最初に新興国で生み出した技術や製品を先進国に逆流させるというコンセプトのこと。これまでは、先進国向けに開発した技術や製品を基に、機能を絞って低価格化するなどの修正を加えた上で新興国に持ち込むというやり方が一般的だったが、その逆を行うことからこう呼ばれる。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング