• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギー専門記者が振り返る2012年 > 車載用蓄電池、この1年――EV不振で苦悩する電池メーカー

専門記者が振り返る2012年

車載用蓄電池、この1年――EV不振で苦悩する電池メーカー

  • 狩集 浩志=日経エレクトロニクス
  • 2012/12/25 00:00
  • 1/3ページ
A123 Systems社のラミネート型セル
A123 Systems社のラミネート型セル
[画像のクリックで拡大表示]

 2012年は、数多くの車載電池メーカーにとって苦難の年となった。特に米国の電池メーカーは大きな打撃を受けている。記憶に新しいのは2012年10月に、米A123 Systems社が米連邦破産法第11条(Chapter11)の適用を申請したこと。

 一時は米Johnson Controls社(JCI)が自動車事業を買収する計画を発表したものの、同年12月の入札では、防衛事業を除く事業を中国Wanxiang Group社(万向集団)の米国法人であるWanxiang America社が2億5660万米ドルで落札した。入札には、JCIとNECが共同応札したものの中国企業の資本力に及ばなかった形である。ただし、安全保障上の問題などから中国企業への売却に反対する声明を2012年12月17日にJCIが出すなど、売却の行方は依然として不透明である。

 苦境に陥った米国メーカーはA123 Systems社だけではない。同じく米国の新興電池メーカーであるEner1社も2012年2月にChapter11を申請した。同年3月には株式公開をしないプライベート・カンパニーとして再起したものの、頼みの綱はやはり2011年に中国で合弁会社を設立したWanxiang Group社である。

 A123 Systems社とEner1社がChapter11を申請した背景には、電気自動車(EV)の販売が想定した以上に盛り上がらなかったことがある。両社共に2009年に発表した米Obama大統領の景気刺激策である「ARRA:American Recovery and Reinvestment Act」の“Buy American”政策によって多額の資金を受け、生産拠点を確立したものの、米大手自動車メーカーからの受注がほとんどなく、思惑が大きく外れたことが原因だ。実際、2011年の米国でのEVとプラグイン・ハイブリッド車(PHEV)の販売台数はそれぞれ約1万台と約8000台というのが実状だ(関連記事)。

 A123 Systems社の場合はChrysler社の電動車両投入の計画が大きく後退したため、現在の採用車種はベンチャーの米Fisker Automotive社のPHEV「Karma」とBMW社のHEV「ActiveHybrid 5」と「ActiveHybrid 3」への採用がある程度で、生産量はわずかだ。Ener1社も米自動車メーカーでの採用がなかった上に、傘下にしたノルウェーEVメーカーThink Global社が2011年6月に倒産したことが大きく響いた。

【技術者塾】(6/13開催)
自動車エンジンと制御部品の最新注目技術と今後のトレンド

基本構造から排出ガス規制、燃費低減技術、新興国対応までを解説


自動車向けエンジンとエンジン制御システムに関する最新技術や今後の方向性を実務経験豊富な講師が分かりやすく解説します。自動車エンジンや制御部品に現在求められる技術と今後の方向性の全てを1日で学べます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月13日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ