次世代工場 工場の将来像が見える
 

第7回:トヨタ、ミネベア、Hyundaiの“マザー工場システム”

異なる進化の可能性

中川 功一=大阪大学大学院経済学研究科講師
2013/01/15 00:00
印刷用ページ

 兵站(へいたん)線の伸びを防ぎ、さらなる成長の方向性を描くためには、生産拠点の母子関係を再構築しなければならない。ダイキン工業の事例からは、子供の自立と、それ以上に親の役割変化が求められることが理解できたと思う。すなわち、海外拠点においては、日常のオペレーションや生産立ち上げ、場合によっては量産設計などの開発業務までもを自立的に行えるようにする一方で、本国拠点では、海外拠点の成長を阻害するような「過保護」な支援をやめ、グローバルなものづくりを革新するような上流レベルでの技術革新に集中すべきだとの知見が得られたのである。

 だが、筆者が所属する東大ものづくりセンターでの調査では、ダイキン工業型を典型パターンとしながらも、それとは異なる進化を遂げている企業が多数存在することが明らかになっている。今回は、それらの異なる進化パターンについて、幾つかの特徴的な事例を紹介していこう。

トヨタ自動車:GPCと製造拠点によるマザー機能の分業モデル

 ダイキン工業では、技術技能の管理/指導/発展といったマザー工場が担うべき役割を、各国内工場の横断的な組織である生産技術部という単一部署が担当していた。これに対しトヨタ自動車は、複数の製造拠点とそのサポート役であるGPC(Global Production Center)が、各種マザー工場の役割を分業する仕組みを採用している*1

*1 トヨタ自動車の事例は、東京大学大学院経済学研究科の徐寧教(ソ・ヨンキョ)氏とのディスカッションに基づく。より詳細を知りたい方は「マザー工場制の変化と海外工場 ―トヨタ自動車のグローバル生産センターとインドトヨタを事例に―」(徐寧教、MMRC Discussion Paper No398、2012年)を参照されたい。

 トヨタ自動車ではもともと、車種ごとにマザー工場が決められており、それぞれのマザー工場が同じ車種を生産する海外拠点の生産立ち上げや育成指導を担当することになっていた。しかし、2000年ごろから海外生産量が急激に伸び、本国製造拠点の支援負荷が増大してくる(本連載第1回を参照)。加えて、この方式では複数車種を担当する海外拠点に対してラインごとに別のマザー工場から指導員が派遣されるため、ラインごとに指導内容が異なってきてしまうといった弊害も生じるようになっていた。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング