デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 
日経エレクトロニクス分解班
2012/12/12 09:00
印刷用ページ

 なんだか体の節々がちょっと痛い。赤子を抱えながら、戯れ過ぎたか。いや待てよ、あれだ、Wii Uを抱えてあちこち飛び回ったからだ。しかも2箱(図1)。

図1 
図1 
Wii Uを2個購入。箱の大きさを赤ちゃんと比較した。なお、紙おむつを交換する直前の場面

 本体は約1.5kgで、タブレット型コントローラは約500g、これに加え、それぞれにACアダプターなどがあるから、1箱の重さは3kgほどになる。そんなにたいした重さじゃないが、壊さないように、神経を使って運んだのも影響しているのかもしれない。年や運動不足のせいにはしたくない、断じて。そういえば、Wii Uを予約したときもバタバタしたなぁ…。(以後、回想モード)

突然


 「本日は、お忙しいところありがとうございました」
 2012年10月5日午後6時、東京・新宿。この日、最後の取材を終える。当初、編集部に戻ろうと考えたが、いわゆる“花金”なので直帰することにした。ただ、帰宅前に、特集記事で必要なある電子機器を買わなくてはならない。この機器を求めて、量販店に向かう。

 訪れたのは、「ビックロ」。ビックカメラとユニクロが新宿三越の跡地に共同で出店したことで話題を集めた店舗である。強い関心を持っていたが、仕事に忙殺され、9月末の開店からまだ一度も訪れていなかった。

取材先から歩くこと約15分。白色を基調にしたビックロの店舗ビルが見えてきた。さっそく入り口に向かうと、目立つ位置に置かれていた看板の文字に目を奪われた(図2)。

図2
図2
置かれていた看板

「Wii U、10月6日午前8時、予約開始」
んっ?Wii Uの予約?まじっすか?

 Wii Uの日本の発売日は2012年12月8日(米国は同年11月18日)。今(注:10月5日)から約2カ月後の発売とあって、早くても今から1~2週間後の10月中旬に予約が始まると思っていた。完全に予想外だ。

 念のため、そばにいた店員さんに聞いてみると確かに6日から予約を始めるとのこと。ネットでの予約について尋ねると、分からないという。親切な店員さんで、わざわざパソコンで調べてくれたが、ビックカメラのサイトにはWii U予約の告知は見つからなかったそうだ。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング