• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

ワイヤレス給電、この1年――WPCやA4WP、そしてEV充電標準化の議論も

蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
2012/12/17 00:00
1/3ページ
Qualcomm社がCESで展示したEV向けワイヤレス給電システム
Qualcomm社がCESで展示したEV向けワイヤレス給電システム
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ワイヤレス給電や無線LANなどの機能を備えるソニーの「サイバーショット DSC-TX300V」。付属のクレードル「マルチステーション」に、ワイヤレス給電機能とTransferJetによるデータ伝送機能を搭載するという。
ワイヤレス給電や無線LANなどの機能を備えるソニーの「サイバーショット DSC-TX300V」。付属のクレードル「マルチステーション」に、ワイヤレス給電機能とTransferJetによるデータ伝送機能を搭載するという。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 電力を無線で伝送する「ワイヤレス給電」技術に関しても、2012年は様々な取り組みがあった。なかでも、携帯機器の非接触充電に関する業界団体の動きや、電気自動車(EV)の非接触充電に向けた伝送方式や利用周波数への関心が、急速に盛り上がった1年となった。

CESやMWCで話題に

 2012年のワイヤレス給電に関する話題は、1月に米国ラスベガスで開催した「2012 International CES」で幕を開けた。東芝が対応タブレット端末を、そして中国Haier社が対応テレビを見せる中、一際注目を集めたのが米Qualcomm社のEV向けワイヤレス給電システムである(Tech-On!の関連記事)。採用するワイヤレス給電技術は、電磁誘導方式の一種である「Inductive Power Transfer(IPT)」と呼ぶもの。同社が買収した、ニュージーランドUniversity of Auckland発のベンチャー企業HaloIPT社が開発した技術である(Tech-On!の関連記事)。電力伝送に用いる周波数は20k~140kHzであり、送電出力は単相で3kW、三相で7kW、急速充電用の場合が18kW以上となるという。

 2月にスペインのバルセロナで開催された「MWC(Mobile World Congress)2012」においても、ワイヤレス給電関連の話題が相次いだ。携帯機器に向けた方式で、給電距離を延ばしたり(Tech-On!の関連記事)、また供給する電力を大きくするといった取り組みである(Tech-On!の関連記事)。

 このほか年初にはソニーが、ワイヤレス給電対応のデジタル・カメラを発売したり(Tech-On!の関連記事)、ワイヤレス給電の業界団体「WPC(wireless power consortium)」に加盟する(Tech-On!の関連記事)など、活発な動きが目立っていた。

トヨタやセイコーエプソンが特許に強み持つ

 ワイヤレス給電の市場拡大への期待が高まる中、市場規模の調査結果や、特許分析に関する話題も数多く登場した。例えば市場規模の予測に関しては、アイルランドの調査会社であるResearch and Markets社が、非接触充電(ワイヤレス給電)関連の市場規模が、2017年に71億6100万米ドルに達するとの調査報告をまとめた(Tech-On!の関連記事)。同社は、2011年の同関連市場の規模を4億5686万米ドルと試算しており、2017年には約16倍に膨らむとみる。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング