半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

マイクロプロセサ、この1年――モバイル向けプロセサが32/28nm世代へ

竹居 智久=日経エレクトロニクス
2012/12/17 00:00
印刷用ページ

 2012年は、スマートフォンなどのモバイル機器に向けたマイクロプロセサの競争がいっそう激しくなった1年だった。その激戦区に新たに参入する半導体メーカーがある一方で、一部の半導体メーカーは撤退の道を選んだ。また、パソコン/サーバー向けプロセサとモバイル向けプロセサのどちらも、半導体製造技術の微細化が1世代進んだ。

「MSM8960」を搭載した日本市場向けの「GALAXY S III」
[画像のクリックで拡大表示]

 モバイル機器向けのマイクロプロセサは、32nm/28nm世代の技術で製造する品種が一般的になった。米Qualcomm社は、ARMアーキテクチャ互換の独自CPUコア「Krait」を搭載し、28nm世代の技術で製造する「Snapdragon S4」シリーズの量産を開始した。ベースバンド処理回路を統合した「MSM8960」やアプリケーション・プロセサ単体型の「APQ8064」を搭載したスマートフォンが国内外で多数お目見えした(Tech-On!の関連記事1関連記事2)。

 韓国Samsung Electronics社は、32nm世代の技術で製造するCortex-A9コア搭載の2コア品「Exynos 4212」や4コア品「同 4412」を開発し(関連記事3)、自社のスマートフォンへの搭載を始めた。米Google社が2012年10月に発表したタブレット端末「Nexus 10」(Samsung社製)には、Cortex-A15コアを2個搭載する「Exynos 5250」を採用している。

Intelプロセサのスマホが登場

 モバイル機器向けプロセサの市場を虎視眈々と狙う米Intel社は、32nm世代の製造技術を適用したスマートフォン向けAtomプロセサ「Atom Z2460」を2012年1月に正式発表した(関連記事4)。このZ2460を搭載したスマートフォンを、中国Lenovo社や米Motorola Mobility社、中国ZTE社などが発売した。ARMアーキテクチャ(およびARMアーキテクチャ互換)のCPUが市場のほとんどを占めるスマートフォン向けプロセサにおいて、Intel社がどこまで巻き返せるかが注目される(関連記事5)。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング