ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

シャープとQualcommの協業、得するのはどちらか?

中根 康夫=ドイツ証券
2012/12/07 10:10
印刷用ページ
 シャープは、米Qualcomm社との共同開発、第三者割当による出資受入れを発表した。主旨は、1)同社のIGZO技術をQualcomm子会社のPixtronix社が手掛ける次世代MEMSディスプレイに応用し共同開発、2)2回に分けてQualcommから約99億円(1回目は約50億円、総発行済株式数の2.7%、1株164円)の出資を受入れる(2回目は条件付き)、3)出資金は次世代ディスプレイの開発用投資と経費に充当(場所はシャープ米子)、である。払込株価164円は3日の株価に対して4.7%のディスカウント。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング