デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

Apple対Android訴訟、注目は“標準必須特許”

植木 正雄=スターパテントLLP代表パートナー
2012/12/05 19:00
印刷用ページ

スマートフォンをめぐる「AppleとAndroid陣営の特許訴訟」は、IT業界の知的財産権問題を浮き彫りにしている。注目すべきは、通信の標準仕様に必ず使われる特許(標準必須特許)のライセンス条件だ。例えば、Apple社とMotorola社のライセンス料金の主張は10倍もの差があり「適正なライセンス料の基準とは何か」という問題を提示している。一連のスマホ特許係争の判決は、こうした問題に対する指針を示してくれるはずだ。(Tech-On!編集)

 米Apple社がアンドロイド陣営企業を相手取って訴訟を開始したのが、2010年3月。最初のターゲットは台湾HTC社であった。それ以降、2010年10月、米Motorola Mobility社(以下「Motorola社」)がApple社を提訴し、2011年4月にはApple社が最大のライバルである韓国Samsung Electronics社を提訴した。以来、両陣営の法廷闘争は世界的規模に拡大、激化していった(訴訟の経緯と特許リスト)。

AppleとMotorolaの訴訟も和解に進むか

 そのような状況の中、ようやく11月10日になってApple社とHTC社は和解に達した。Motorola社との係争についても、8月末、両社がライセンス契約に原則合意したように報じられている。いまに至っても和解の知らせはないものの、11月に入り両社が拘束力のある調停に応じる意思のあることを米ウィスコンシン州西部地区連邦裁判所に提出した書面で明らかにした(事件番号11-cv-00178)。ようやくMotorola社との本格的な和解の道が敷かれたというところか。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング