• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント新誠一の「言いたい放題」 > 21世紀考―11.産業構造―

新誠一の「言いたい放題」

21世紀考―11.産業構造―

  • 新 誠一=電気通信大学教授
  • 2012/12/06 07:00
  • 1/3ページ

 先月は未来の工場の話をした。その前に未来の産業構造の話をしなければならない。20世紀的分類では、農業などを第一次産業、製造業などを第二次産業、サービス業などを第三次産業に分類している。総務省の調査によれば、この構造も激変している。具体的には、第一次産業の崩壊と第三次産業へのシフトである。

 確かに統計データから見れば、正しい結論である。しかし、20世紀の枠内での話である。ここでは、21世紀の枠組みを論じている。枠組みが違えば自ずと結論も違ってくる。それを見てみたい。

 農業の視点から見ると、20世紀末から急速に工業化が進んでいる。野菜工場であり、キノコ工場である。農は「土が命」から「培養液が命」に変遷した。それは「太陽の恵み」から「LEDの恵み」への変遷でもある。閉ざされた室内で光も栄養も計画に従って与えられる食物、それは農業製品というよりは工業製品である。野菜工場を第一次産業に分類するのはおかしい。

トップページへ

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓