ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

タブレット端末、この1年――iPad一強の構図が崩れ、7型製品の市場が立ち上がる

大森 敏行=日経エレクトロニクス
2012/12/03 00:00
印刷用ページ
米Apple社が2012年3月7日に発表した「iPad」
米Apple社が2012年3月7日に発表した「iPad」
[クリックすると拡大した画像が開きます]
米Google社が2012年6月27日に発表した「Nexus 7」
米Google社が2012年6月27日に発表した「Nexus 7」
[クリックすると拡大した画像が開きます]
米Apple社が2012年10月23日に発表した「iPad mini」
米Apple社が2012年10月23日に発表した「iPad mini」
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 「タブレット端末といえば米Apple社の『iPad』とその他大勢」。2012年は、この構図が崩れた1年だった。iPadの牙城を脅かすライバルが続々登場してきたのだ。

 予兆は2011年末からあった。米Amazon.com社が2011年11月、7型IPS液晶パネルを搭載したタブレット端末「Kindle Fire」を米国で199米ドルという異例の低価格で発売したのだ(Tech-On!の関連記事)。この製品は大人気を呼び、2011年第4四半期の米国におけるAndroidタブレット市場で台数シェア首位に立った(Tech-On!の関連記事)。

 タブレット端末の本家ともいえるiPadでは、3月に「新しいiPad」(第3世代iPad)が登場(Tech-On!の関連記事分解記事その1分解記事その2分解記事その3分解記事その4)。2048×1536画素で解像度264ppiの鮮やかな「Retinaディスプレイ」を搭載したことで注目を集めた。

 米Microsoft社も6月18日に自社のタブレット端末「Surface」を投入することを発表(Tech-On!の関連記事)。「ついにMicrosoft社がタブレット端末に本腰を入れ始めた」と話題になった。ただし、Surfaceの日本発売はいまだに決まっていない。

 Surface発表から9日後の6月27日には米Google社が7型タブレット端末「Nexus 7」を発表した(Tech-On!の関連記事分解記事その1分解記事その2分解記事その3)。Kindle Fireよりも充実した仕様を持ちながら、Kindle Fireと同じ199米ドルという価格で7月に米国で発売され、大ヒットを記録。日本でも9月末に2万円を切る価格で発売された(Tech-On!の関連記事)。

 Kindle FireやNexus 7といった7型液晶パネル搭載製品が着々とシェアを伸ばしていく中、Apple社もついにこのカテゴリに製品を投入する。同社が10月23日に発表した「iPad mini」だ(Tech-On!の関連記事分解記事)。7.9型液晶パネルを搭載する。直後にAmazon.com社が「Kindle Fire」と上位機種「Kindle Fire HD」の日本投入を発表(Tech-On!の関連記事)。Apple社、Google社、Amazon.com社の三つ巴の戦いが日本でも始まった。

 こうした流れをフォローするため、日経エレクトロニクスでは製品の分解セミナーを実施している。6月6日には第3世代iPadの内部構造を解説する「NEアカデミー 新iPad内部構造のすべて」を開催した。来る12月5日には「NEスペシャル・レポート iPad mini&Nexus 7 分解/解析セミナー&部品撮影会 内部構造から小型タブレット競争の勝者を探る」の開催を予定している。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング