• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器エディターズ・ノート > iPad miniの薄さに意味はあるか

エディターズ・ノート

iPad miniの薄さに意味はあるか

  • 大森 敏行=日経エレクトロニクス
  • 2012/11/29 08:35
  • 1/1ページ

 最近、新しいタブレット端末が続々登場しています。その中でも特に盛り上がっているのが、7型前後の液晶パネルを搭載する小型のタブレット端末です。そのカテゴリを代表する製品が、米Apple社の「iPad mini」と米Goole社の「Nexus 7」でしょう。そこで、これら二つのタブレット端末を分解した結果を比較し、参加者に部品を撮影していただけるイベント「iPad mini&Nexus 7分解/解析セミナー&部品撮影会」を開催することにしました。

 実は、私は両方の製品を私物として持っています。分解記事用に購入した機器とは別に、後で自分で購入したものです。つまり、iPad miniとNexus 7のユーザーでもあります。

 iPad miniを使ってみての感想は「良くも悪くもiPad」ということです。iPad miniの売り文句は「片手で持てること」ですが、正直、一般的な日本人が片手で持つにはやや大きすぎます。実際に使うときには、従来のiPadと同じように両手で持つことが多くなります。

 一方、Nexus 7は片手で持つのに適した形状をしています。iPad miniよりも厚さがあるのですが、裏面が樹脂製で端の部分がカーブしているため、手にフィットします。このため、利用する際はほとんど縦長の状態で使うことになります。横にするのは動画を見るときくらいです。

 Nexus 7はユーザー・インタフェースも洗練されてきました。以前のタブレット端末が搭載していたAndroid 3系は「使いづらい」という印象をもっていたのですが、Android 4系を搭載するNexus 7ではそのような使いづらさを感じることは減っています。

 iPad miniはNexus 7よりも後に発表された製品です。このため、iPad miniの発表会では、Apple社はNexus 7をとても意識したプレゼンテーションを行っていました。いわく「Nexus 7よりも薄く軽く画面が広い」。

 たしかにその通りです。しかし、iPad miniはなまじ薄いため、片手で持ちにくくなっているのも事実です。こうした薄さを追求することにどこまで意味があるのか、と個人的には思います。「ユーザーの利便性を無視してひたすら薄型軽量化を追求する」。これは、かつて日本の民生機器メーカーがたどった失敗パターンです。Apple社にもその傾向が出てきているのではないか。薄型軽量ばかりを強調するiPhone 5やiPad miniを見ていると、そんな気になってきます。

【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ