技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 
「紙おむつと缶ビール」の関係を知っていますか

「紙おむつと缶ビール」の関係を知っていますか

ビッグデータ時代の新マーケティング思考、横山 隆治・海老根 智仁・鹿毛 比呂志著、1680円、ソフトバンククリエイティブ

浅沼ヒロシ=ブック・レビュアー
2012/12/01 00:00
印刷用ページ
ビッグデータ時代の新マーケティング思考、横山 隆治・海老根 智仁・鹿毛 比呂志著、1680円(税込)、単行本、224ページ、ソフトバンククリエイティブ、2012年10月
ビッグデータ時代の新マーケティング思考、横山 隆治・海老根 智仁・鹿毛 比呂志著、1680円(税込)、単行本、224ページ、ソフトバンククリエイティブ、2012年10月
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 このところ「ビッグデータ」という言葉をよく聞くようになった。

 IT分野で少し前まで「クラウド」が話題の中心だったが、あっちの企業もこっちの会社も導入するようになって「クラウド」は実用段階に入った。「クラウド」が先駆的未来を示す言葉ではなくなった今、もっとも注目を集めているキーワード(本書の表現を借りれば“時代のバズワード”)は、間違いなく「ビッグデータ」だ。

未来の顧客の発見法を提示

 そのビッグデータ技術をマーケティングの世界に応用したらどうなるだろう、という視点で、従来の常識とは違う、未来の顧客を発見する新しい方法を示すのが本書の内容である。

 詳しい内容を紹介する前に、ひとつお断りしておきたいことがある。

 それは、本書がマーケッターを想定読者としているので、横文字用語が多いことである。実例をひとつ挙げると、133ページに次のような文章が登場する。

「テレビCMクリエイティブの開発が前提だと、まずターゲットをしっかり固めて、ブランドのUSP(ユニーク・セリング・プロポーション)をもとに、ユーザベネフィットや訴求ポイントをエッセンスに尖らせるやり方がとられる」

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング