設計力向上 開発手法と支援ツールの動向・事例
 

モジュラーデザイン、この1年――自動車業界で一気に加速

高野 敦=日経ものづくり
2012/12/04 00:00
印刷用ページ

 多品種展開と部品種類削減を両立させる「モジュラーデザイン」。2012年は自動車業界で大きな動きが幾つも見られた。自動車のモジュール化に関しては独Volkswagen社が先行していたが、国内メーカーも巻き返しつつある。中でも野心的な計画を発表したのは、日産自動車だ。2013年以降の新型車に「日産CMF」という新しいモジュール設計手法を適用する(Tech-On!の関連記事)。

 日産CMFでは、車両の構成をエンジン・コンパートメント、コックピット、フロント・アンダーボディ、リア・アンダーボディ、という4つのモジュールに分割する。それぞれのモジュールに適切なバリエーションを用意し、これらのモジュールの組み合わせを変更することによって小型車から大型車、SUVまでさまざまな車種を設計できるという。

「日産CMF」の概要
上記4つのモジュールと別に、電子部品をまとめたアーキテクチャーも整備する。CMFは、Common Module Familyの略。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
製造業IT:日経テクノロジーオンライン × ITpro Active

お薦めトピック

記事ランキング