• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新専門記者が振り返る2012年 > モジュラーデザイン、この1年――自動車業界で一気に加速

専門記者が振り返る2012年

モジュラーデザイン、この1年――自動車業界で一気に加速

  • 高野 敦=日経ものづくり
  • 2012/12/04 00:00
  • 1/2ページ

 多品種展開と部品種類削減を両立させる「モジュラーデザイン」。2012年は自動車業界で大きな動きが幾つも見られた。自動車のモジュール化に関しては独Volkswagen社が先行していたが、国内メーカーも巻き返しつつある。中でも野心的な計画を発表したのは、日産自動車だ。2013年以降の新型車に「日産CMF」という新しいモジュール設計手法を適用する(Tech-On!の関連記事)。

 日産CMFでは、車両の構成をエンジン・コンパートメント、コックピット、フロント・アンダーボディ、リア・アンダーボディ、という4つのモジュールに分割する。それぞれのモジュールに適切なバリエーションを用意し、これらのモジュールの組み合わせを変更することによって小型車から大型車、SUVまでさまざまな車種を設計できるという。

「日産CMF」の概要
上記4つのモジュールと別に、電子部品をまとめたアーキテクチャーも整備する。CMFは、Common Module Familyの略。
【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ