デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

上釜 健宏氏(TDK 代表取締役社長) <上>

日本なら製造装置や測定機器がそろう

中道 理、大久保 聡=日経エレクトロニクス
2012/12/03 00:00
印刷用ページ

日本のデジタル家電企業を最大顧客としてきたTDK。日本のデジタル家電産業が振るわないことで、TDKの経営を取り巻く環境は厳しさを増した。こうした逆風の中、TDKは日本の研究開発力を強みに反転を狙う。日本のエレクトロニクス産業の未来を展望する上で、大いに参考になる。(聞き手は中道 理、大久保 聡)

─この1年大変だったと思うが、総括してほしい。

かみがま たけひろ 1981年4月 に東京電気化学工業(現・TDK)に入社。2001年4月、記録デバイス事業本部 技術戦略部長、2001年10月にヘッドビジネスグループ ゼネラルマネージャー。2002年6月に 執行役員に就任後、2003年に常務執行役員、2004年6月に取締役 専務執行役員、2006年6月に代表取締役社長に就任し、現在に至る。鹿児島県出身、1958年1月12日生まれ。(写真:栗原 克己)

 怒涛のように、次から次へと問題が発生し、それに翻弄された1年だった。3.11の大震災後は、サプライ・チェーンをつなぐことを最優先に動いた。顧客 に対して製品を提供するサプライ・チェーンだけでなく、材料や部材を買い付けるという上流部分のサプライ・チェーンの確保にも大変苦労した。産業への影響 が大きいということで特に自動車向けを優先して取り組んだ。

 自動車メーカーは、自動車製造に必要な部品点数が多いということで、いち早く操業停止を決めてくれた。ここで時間の猶予をもらって、なんとか顧客に迷惑を与えないで済んだ。

 震災以外にもハード・ディスク・メーカーの再編話もあった。米Western Digital社が日立製作所のハード・ディスク事業の買収を公表し、その後、米Seagate Technology社による韓国Samsung Electronics社のハード・ディスク部門の買収が発表された。TDKにとっては大きな影響があるということで、株価がどっと下がってしまった。

 自動車向けのサプライ・チェーンが復活してきたなと思ったら、今度はタイで洪水が発生した。3.11の大震災では工場の被害はそれほどではなく、むしろ電力不足が問題になったが、タイでは二つの工場が水没してしまった。

 追い打ちをかけるように、円高が1ドル75円までいってしまった。今も円高傾向は続いている。これは日本の輸出産業にとってはボディブローのようにじわじわと効いてきている。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング