エネルギー
 

スマートシティ成功のカギは「全体的アプローチ」

日経BPクリーンテック研究所 金子 憲治
2012/11/28 00:00
印刷用ページ

 スマートシティを構築するための新たなアプローチが注目を集め始めた。成功の要素は「スマートメーター」や「スマートグリッド」に加え、「全体的アプローチ」や新サービスが大きなカギになってきた。スマートシティのあり方を議論する国際会議「Smart City Week 2012」(2012年10月29日から11月2日、パシフィコ横浜)注)を通じ、新たな都市構築ビジネスの方向性が明らかになってきた。

注)「Smart City Week 2012」は5日間の会期中、展示会入場者とコンファレンス受講者を合わせた来場者は約40カ国から2万2000人を超えた。国際会議と専門セミナーを合わせたコンファレンス受講者数は6982人と、昨年の5514人を大きく上回った。2013年の「Smart City Week 2013」は、10月21日から10月25日、横浜市のパシフィコ横浜で開催される予定。

 「スマートシティを構築するには、全体的アプローチが必要だ。簡単ではないが、この方向性は明らかだ」――。世界各地のスマートシティプロジェクトで存在感を示すスイスの多国籍企業ABB。同社でスマートグリッド(次世代電力網)の責任者を務めるJochen Kreusel氏は、こう力を込めて講演した。

 「全体的アプローチ」は、英語で「Holistic Approach(ホリスティックアプローチ)」もしくは、「Integrated Approach(インテグレイテドアプローチ)」と表現される。日本語では、全体的、総体的、統合的というニュアンスを持っている。

 ホリスティックアプローチという用語は、最近、医療や看護、健康、教育などの分野でよく使われている。人間存在を身体、感情、思考など多次元に捉えるとともに、自己、他者、共同体、社会、国家など全体的な視点で調和を目指すアプローチを指す。

 スマートシティの構築も、スマートグリッドというエネルギー技術だけでなく、運輸や通信、廃棄物などの社会インフラに加え、人の意識や行動、法規制の変革までを含めた全体最適を目指すことが必要と、Jochen Kreusel氏は強調する。

 具体例として、スウェーデンのストックホルムにおけるロイヤルシーポートプロジェクトを挙げ、「スマートメーターを導入しただけでは大きな変化はなかった。重要なのは、人の意識を変えるにはどんな情報が必要かだ」と、反省も込めて述べた。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング