• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新ものづくり技術者が見た「スパコン」の世界 > 第3回:何をもって「世界一」のスパコンとするのか? 「TOP500」を知った日(前編)

ものづくり技術者が見た「スパコン」の世界

第3回:何をもって「世界一」のスパコンとするのか? 「TOP500」を知った日(前編)

  • 柴田 直樹=日本アイ・ビー・エム システムx事業部 システムズ&テクノロジーエバンジェリスト
  • 2012/11/27 13:00
  • 1/2ページ

ランキングサイト「TOP500」を知った日

 皆さん、こんにちは。日本IBMの柴田です。少し間が空いてしまいましたが、本連載も3回目を迎えることができました。今回は、そもそも私がスパコンの世界に入った時に感じた「世界最速のスパコンはどうやって決めるのか?」という疑問について、当時学んだことなどを書いてみたいと思います。

 当たり前のことですが、スパコンを所有している方々(当時は大学とか政府研究機関がほとんどでしたが…)は、その購入価格や搭載された技術など、自身のスパコンのすごさについて教えてくれます。しかし、正直いって筆者にはピンと来ませんでした。“スゴイ”とか“速い”とは、どういう視点で話してらっしゃるのだろう。そんなことすら分からない素人ということもあって、余計に分からなかったのでした(笑)。

 それでも何度も話をするうちに、「いま世界で何位」とか「世界トップクラス」という言葉が出てくることに気がつきました。そこで恥を承知で「何位とかはどうやって分かるのですか?」と聞いてみたところ、とある大学の先生が「TOP500って知っている?」と教えてくれました。そう、世界のスパコンは、1位から500位までランキングされていたのです。そして、このランキングが「TOP500」というサイトに載っていることが分かりました。これが筆者とTOP500の出合いでした。今から14年ほど前の話です。そこから、私はTOP500についての知識集めを開始したのです(とまぁ、当時はそのくらい素人だったということです)。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓