• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマクリーンテック世界動向 > EVの祭典で見た「光」――普及モードに入るための条件

クリーンテック世界動向

EVの祭典で見た「光」――普及モードに入るための条件

  • 大場 淳一=テクノアソシエーツ
  • 2012/11/21 00:00
  • 1/3ページ

 次世代のクルマとして期待される電気自動車(EV)。市販車としての普及は遅々として進んでいないが、2012年10月20日に茨城県の筑波サーキットで開催された「日本EVフェスティバル」(主催:日本EVクラブ)では、近い将来におけるEVの普及を予感させる動きがあった。

 同イベントは毎年開催されている。電動カート(ERK)による耐久レースや見た目の華麗さを競う走行、コンバージョン(改造)EVによる耐久レース、大手自動車メーカーが主催するEVの試乗などが行われる。

 筆者はEVの定点観測の一環として、このイベントを毎年取材している。今年の特徴として挙げられるのが、(1)コンバージョン(改造)EVが国内メーカー製のリチウムイオン2次電池(LIB)を搭載したこと、(2)国内自動車メーカー大手5社による市販EVの競演、(3)移動型の急速充電器の登場――の3点である。

出走車両の40%以上が既にLIB搭載

 改造EVによる耐久レースでは、出走車両におけるリチウムイオン電池(LIB)搭載車の割合が近年高まっている(図1)。3年ほど前までは鉛蓄電池が大半で、LIBを採用する動きは非常に限定的だった。

「EVフェスティバル」における出走車両数(CEV総数)とLIB電池搭載車の比率 縦軸の単位は、CEV総数では「台」、搭載車の比率では「%」
図1●「EVフェスティバル」における出走車両数(CEV総数)とLIB電池搭載車の比率 縦軸の単位は、CEV総数では「台」、搭載車の比率では「%」 (テクノアソシエーツが作成)

 今年のレースでは25台の出走車両中、11台がLIBを搭載していた。昨年と比較すると伸びていないが、出走車両の40%以上が既にLIB(ほとんどが中国製)に移行している。耐久レースでは、上位5車すべてがLIB搭載車だった。今後、LIBのコストがさらに下落し、入手が容易になれば、バッテリー切れ(電欠)の心配の少ないLIB搭載車が過半数を占めるようになるだろう。

48V化で変わるHEV勢力図
~日本は欧州の標準化に対抗できるのか~
Valeo社、Continental社、Infinion社など主要企業が講演


欧州メーカーが2016年に48Vのマイルドハイブリッド車(HEV)を実用化します。48V化する最大の狙いは、発電機で、エンジン駆動力をアシストできるようにすること。燃費が向上し、欧州の2021年規制(CO2排出量=95g/km)をクリアしやすくなります。一方の日本は、各社が200V程度の高電圧電源を搭載し、専用の駆動用モーターを配置する、本格的なストロングHEVで世界をリードしています。日本は欧州勢に対抗できるのか━━。今回のセミナーでは、48V規格の最新動向から、事例、HEV市場に与えるインパクトまで、多面的に迫ります。詳細は、こちら

日程 : 2016年5月24日
会場 : 関内新井ホール (横浜・関内)
主催 : 日経Automotive

おすすめ