技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

急速に“Mobile First”に舵を切るシリコンバレー企業

Phil Keys=Analyst at Blue Field Strategies
2012/11/15 00:00
印刷用ページ

 2000年代の初期、あるシリコンバレーのイベントに参加した一人の日本人に出会った。彼は、シリコンバレーでモバイル・インターネットが流行っていないことを不思議がっていた。「米国では、日本みたいにケータイでのインターネット利用がいつ頃になれば盛り上がるのか」と本人が聞いてきた。2012年に、その答えはハッキリにした。スマホ・ブームのおかげで、シリコンバレーのベンチャー投資家や企業に、「Mobile First」(モバイルが先だ)という表現が流行っているからだ。Mobile Firstというのは、ほかの端末向けにWebサービスを開発・提供する前に、まずは携帯端末に対応するという意味である。

インドでのモバイル・インターネットのトラフィックがパソコンのトラフィックを超えたことを強調するFacebook社のVaughan Smith氏
[画像のクリックで拡大表示]

 この動きは、SNS大手の米Facebook社にも見られる。2012年10月19日~20日に米サンノゼ市で開催された「Global Mobile Internet Conference Silicon Valley」で、同社の副社長(Corporate Development)のVaughan Smith氏が、Facebookではパソコンが発生させているトラフィックより、携帯端末が発生させているトラフィックの伸びが高いと指摘した。Facebook社が2012年5月に新規株式公開をした後、急に伸びている携帯端末のトラフィックに対する同社が明確なビジネス戦略は見せていないことで、金融業界から強く批判された。Facebook社の株は、公開された当時には38米ドルのだったが、2012年11月8日現在の株価は19.99米ドルに落ちた。この一因が携帯端末戦略の遅れと言われている。

 Facebook社のSmith氏は、「2008~2009年ごろは、携帯端末向けの開発を担当している部隊は比較的少人数だった。しかし今は、この開発体制が完全に変貌した」という。同氏によると、Facebook社の技術者全員が、パソコン向けより携帯端末向けのソフトウエアを先に開発するように訓練されている。「もし、製品レビューの時に携帯端末以外の端末向けソフトウエアを上司に見せると、“携帯端末向けにやり直せ”と指示される」。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング