• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくりコンサルタントが見た中国の最新工場事情 > 反日デモを防いだ日系企業

コンサルタントが見た中国の最新工場事情

反日デモを防いだ日系企業

  • 横田 正仲=日本能率協会コンサルティング 取締役 中国法人代表
  • 2012/11/13 11:00
  • 1/2ページ

 9月11日に日本の尖閣諸島国有化から日中関係が悪化し、9月15日には、デモ隊による日系企業を狙った破壊活動が日本のテレビ・ニュースでも多く流れた。ここ上海では領事館へのデモは公安が見守る中、整然と行われていたが、上海近くの蘇州、無錫などでは、日本料理店への襲撃や日系工場へのデモ隊の侵入などが起こり、多くの日系企業の総経理は眠れない日々が続いた。

 18日の中国全土の反日デモ拡大を想定して、前日17日、日系工場では、従業員がデモへ参加しないための対応策の検討や、デモ隊の侵入を予測した、事務所のパソコンの避難など夜遅くまでその対応に追われた。そのおかげで大きな被害に至らずに留めた日系企業も多い。

 ある設立10年の、5000人を超える規模の大手機械メーカーでの話である。董事長は日頃から、気軽にオペレーターにも声を掛け、中国の日系企業としては上手に管理されている工場である。今回の日中問題の状況下、頼りになったのは設立当初から務める中国人幹部の存在であった。彼ら中国人幹部は自分達の大事な工場を自ら守るという強い意識、行動により、今回のような労働争議に発展しかねないリスクを回避したというのである。彼らのような中国人幹部がいなければ、騒動を回避することは難しかったといえる。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓