• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント新誠一の「言いたい放題」 > 21世紀考―10.未来予測―

新誠一の「言いたい放題」

21世紀考―10.未来予測―

  • 新 誠一=電気通信大学教授
  • 2012/11/09 07:00
  • 1/4ページ

 激変の世の中、21世紀に何が残り、何が無くなるかの予測は難しい。もっとも好奇心旺盛な人類、21世紀でも未来予測は残るだろう。未来、未来、未来。足元を見ずに、先を見たがるのも人類の本性かもしれない。

 未来を見るにはステップがある。現在、過去、未来の順番である。まずは、現在。足元を確認できなければ未来は見えない。情報技術でいえば通信技術である。インターネットを駆使して世界が見える千里眼が実現されている。

 次のステップは過去。過去を知らない人間に未来は見えない。だから、学校では過去を教える。過去も知らずに大発見と騒ぐのは恥ずかしい。過去を知ることに対応するものが情報蓄積技術である。ネットワークが出来ると次にヒストリアンやロガーと呼ばれるデータベースを入れる手順となる。

【技術者塾】(6/9開催)
「製品の差異化」はこれでうまくいく

~顧客ニーズと設計のギャップを埋める技術~


実務経験豊富な講師が、優れた「製品の差異化」を実現する具体的な方法を解説します。また、この取り組みの骨格とも言えるQFD(Quality Function Deployment:品質機能展開)のうまいやり方、コツを分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月9日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ