ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

LG Displayの3Q決算、営業利益が黒字転換、営業利益率は実質4%超えへ

中根 康夫=ドイツ証券
2012/11/05 17:13
印刷用ページ

 TFT液晶最大手の一角を占める韓国LG Display社が2012年10月26日に、2012年度第3四半期(3Q)決算を発表した。売上高は7兆5930億韓国ウオン(KRW)と、四半期では過去最高となった。対前年同期比(YOY)は21%増で、対前期比(QOQ)は10%増である。

 利益面でも好調だった。営業利益は2530億KRW(YOYは黒字転換、QOQは黒字転換)と7四半期連続の営業赤字から黒字に転換した。当期利益は1580億KRW(YOYは黒字転換、QOQは黒字転換)である。売上総利益率はQOQで0.6%ポイント低下の10.5%、営業利益率はQOQで同+2.9%ポイント上昇の3.3%だった。年末商戦向けと顧客の新製品発売に向けた在庫の積み上げのため、3Q末在庫は2兆7470億KRWとQOQで+7%の増加となった。在庫回転日数(期首期末平均、原価ベース)は2Qの35.3日から35.6日とQOQでほぼ横ばいである。

出荷面積はガイダンスを上回る

 季節要因による需要増とスマートフォン向けの高精細パネルの出荷開始により、出荷面積は9173km2(YOYは+13%、QOQは+7%)と、ガイダンス(QOQが+5%程度の増加)を上回った。中国国慶節商戦向けのパネル需要は同社想定よりも強く、FPR方式の3Dパネルやモバイル機器向けパネルが好調に推移した。Blended ASP(平均単価)は高付加価値製品の出荷増により、QOQで+5%上昇の733米ドル(LCD Moduleベース)になった。

 アプリケーション別の売上構成は、テレビ向けが47%(2Qは49%)、モニター向けは16%(同17%)、ノートブック(NB)向けは13%(同14%)、タブレットPC向けは15%(同10%)、携帯電話機その他向けが9%(同10%)だった。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング