電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

小林 俊明 氏(パナソニック デバイス社 社長) <上>

“プロダクトアウト”をぶち壊せ

大久保 聡、蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
2012/11/08 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2012年7月23日号 、pp.79-82 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

民生向けや、産業機器向けを問わず、世界的な競争力が高いとされる日本の部品メーカー。2012年1月、パナソニックがデバイス事業部門(パナソニック エレクトロニック デバイスとセミコンダクター社、三洋電機とパナソニック電工の一部など)を統合したパナソニック デバイス社が発足した。売上高は約1兆4000億円と、部品/デバイスを専門に手掛ける事業体としては、世界有数の規模を誇る。「シェア上位の事業にリソースを集中投下する」という同社の動きは、日本の電子部品メーカーの行く末を考える上で興味深い。同社トップに就任したた小林俊明氏のインタビューを2回に分けて掲載する。(聞き手は蓬田 宏樹、大久保 聡=日経エレクトロニクス)

─部品関連企業としては、世界最大級の事業体となった。

こばやし としあき 1951年生まれ。1974年に慶応義塾大 学 工学部 電気工学科を卒業。1994年 4月に松下電器産業に入社。同年6月、 松下電子部品 商品開発センター 商品 開発室長に。同社 開発技術センター 情 報通信研究所長などを経て、2004年6 月に常務取締役。2007年4月に、パナ ソニック エレクトロニックデバイス 代 表取締役社長に就任。2012年1月から 現職。(写真:今 紀之)

 デバイス社の販売金額は、パナソニック・グループで第2位の規模である。極めて大きな事業だと認識している。

 規模が大きくなったとはいえ、今後も我々が大事にしているポリシーは継続していきたい。デバイス社の中核の一つであるパナソニック エレクトロニック デバイス(旧松下電子部品)は、その創業当時から、「お客様にとって価値ある部品を提供し、それによってお客様のセット事業が大きく成長する」という考え 方を根底に、事業を進めてきた。松下電器産業の創業者の考えに、「よいセットは、よい部品があって初めて実現できる」というものもあるが、こうしたコンセ プトが我々の支えであり、今後も大事にしていきたい。

 その一方で、変えなければならない部分もある。代表例が「我々の勝手な思い込みで製品を作ること」だ。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング