技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 
【日経BPから】幾何公差ハンドブック

【日経BPから】幾何公差ハンドブック

幾何公差ハンドブック 増補版 図例で学ぶ─ものづくりの国際共通ルール、大林利一著、6,000円

中山 力=日経ものづくり
2012/11/18 00:00
出典:日経ものづくり、2012年11月 、 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
幾何公差ハンドブック 図例で学ぶ─ものづくりの国際共通ルール、大林利一著、6,000円(税込)、B5、 400ページ、日経BP社、2012年10月
幾何公差ハンドブック 図例で学ぶ─ものづくりの国際共通ルール、大林利一著、6,000円(税込)、B5、 400ページ、日経BP社、2012年10月
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 最近、幾何公差による精度指示への取り組みが多くのメーカーで本格化しています。背景には、海外メーカーとの取り引きが拡大する中、あいまいさが残る寸法公差主体の図面によるトラブルが顕在化しているという事実があるようです。

 今回、2008年12月に発行した『幾何公差ハンドブック』に14問(40ページ分)の練習問題を追加し、「増補版」として改定しました。幾何公差はあいまいさがない分、使い方(描き方や解釈)にも厳密さが求められます。その点が、「幾何公差は難しい」という一般的な印象につながるのかもしれません。しかし本書では、豊富な図例を掲載することで直感的な理解をしやすくしています。手元に1冊、グローバル図面の参考書として置いてください。

ご購入はこちら

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング