• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント書籍レビュー > 小さな製造業が増殖する時代に

書籍レビュー

小さな製造業が増殖する時代に

MAKERS 21世紀の産業革命が始まる、Chris Anderson著、関美和訳、1,995円

  • 日経ものづくり
  • 2012/11/11 00:00
  • 1/1ページ
MAKERS 21世紀の産業革命が始まる、Chris Anderson訳、関美和訳、1,995円(税込)、四六判、320ページ、NHK出版、2012年10月
MAKERS 21世紀の産業革命が始まる、Chris Anderson訳、関美和訳、1,995円(税込)、四六判、320ページ、NHK出版、2012年10月
[画像のクリックで拡大表示]

 著者は、「ロングテール理論」の提唱者として知られるUS版『Wired』編集長のChris Anderson氏。同氏が、書籍の副題ともなっている「21世紀の産業革命」として提唱するのが、誰もが(個人でさえも)「メイカー(作り手)」となりうる世界へのパラダイムシフトだ。

 インターネットを経由してアイデアを共有し、さまざまな部品やユニット単位で設計・製造を分担(コラボレーション)することで、次々と新しいニッチなモノを造り出せる。実際、そうして革新的な製品が生み出され始めている。低価格(もしくは無償)のCADソフトや3次元プリンタ、3次元スキャナといったツールが登場し、手軽に利用できるようになったことも、こうした動きを大きく後押しする。

 大量生産を手掛ける製造業は消えずとも、目の肥えた消費者のために数千個単位でニッチ商品を造る製造業が今後は増殖する。これからの10年に起こる「メイカームーブメント」を的確に把握することが、日本の製造業にも求められている。

Amazonで購入
【技術者塾】(8/22開催)
市場クレーム・リコール撲滅を目指す、公差計算と公差設計の勘所

~FMEAで見つかる7割の課題を解決しよう~

日時:2016年8月22日 10:00~17:00
会場: Learning Square新橋
主催:日経ものづくり

【技術者塾】(9/1開催)
グローバル図面に必須の「幾何公差」の勘所

~世界標準を基礎から学ぶ【演習付き】~

日時:2016年9月1日 10:00~17:00
会場:Learning Square新橋
主催:日経ものづくり

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓