• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスJTNインタビュー > 中村 修二 氏(青色LED開発者) <上>

JTNインタビュー

中村 修二 氏(青色LED開発者) <上>

僕が会社を訴えたわけ

  • 浅見 直樹=日経エレクトロニクス編集長(当時)
  • 2012/11/02 00:00
  • 1/3ページ

青色LEDの開発者、中村 修二氏。同氏が日亜化学工業を提訴した直後に、日経エレクトロニクスがインタビューした記事を再掲する。日本の技術者に向けた、強いメッセージが感じられる内容である。(聞き手は当時、日経エレクトロニクス編集長だった浅見 直樹)

 ――ついに提訴されましたね1)。周囲の反応はいかがでしょうか。

(撮影:栗原克己)

 中村氏 皆,エールを送ってくれています。どこのメーカーとか名前は言えませんが,大企業の第一線の技術者たちが「頑張ってください,陰ながら応援してますから」と声を掛けてくれました。多くの技術者は会社に対して不満を持っているんです。でも,それを口には出せない。自論ですが,日本は共産主義ですから。私が渡米するとき,親しい他社の技術者たちが宴会を開いてくれました。その席でも「米国に行っても,私たちを代表して不平不満をどんどん言ってくれ」って頼まれたくらいです。だから日本の技術者のためにも,絶対に勝ちたい。100%勝つと確信しています。

 ――今回の提訴で請求した,特許に対する「相当の対価」は20億円。技術者が会社を訴えた過去の訴訟で支払われた最高金額は1300万円程度です。20億円請求しても,1億円くらい得られれば大勝利といえるのでは。

 中村氏 1億円なんて,全然眼中にない。中途半端な額ではダメ。金額が小さければ,負けたと同じです。皆がびっくりするような前代未聞の金額でないと意味がない。サッカーの中田選手や大リーグのイチロー選手があれだけ稼ぐのを見て,一番喜んだのが日本のスポーツ選手でしょう。自分たちも頑張ればああいうふうになれるって思っているはず。それが大事なんです。僕が勝てば,技術者への刺激になる。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓