• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント竹内 健の「エンジニアが知っておきたいMOT(技術経営)」 > 似て非なる「AmazonのTIのCPU事業買収」と「国内10社のルネサス出資」

竹内 健の「エンジニアが知っておきたいMOT(技術経営)」

似て非なる「AmazonのTIのCPU事業買収」と「国内10社のルネサス出資」

サービス・ソフト・ハードの融合にはユーザー企業の覚悟も試される

  • 竹内 健=中央大学 理工学部教授
  • 2012/10/22 14:31
  • 1/3ページ

 先週、オンライン書籍販売の米Amazon.comが米Texas Instruments (TI) のCPU事業の買収を検討中という報道がありました。なぜ、AmazonにCPUというハードウエアの事業が必要なのか、驚いた方も多いと思います。

 報道内容の真偽はわかりませんが、私はAmazonがTIのCPU事業を買収する可能性は十分にあると考えています。というのも、Amazonのような、ネットを使ったサービスの差異化のカギは、サービスと、ソフト、ハードの融合。

 スマートフォンやタブレットなどの携帯端末では、デザインやOSなどのソフトウエアが重要なのは言うまでもありませんが、CPUやフラッシュメモリ、液晶パネルといった部品の性能が端末の性能を決めます。

 iPhoneやiPadを販売するAppleは2008年にCPUの設計を手掛けるPA Semi、昨年にはフラッシュメモリコントローラを設計するAnobitを買収しました。iPhoneなどの販売で絶好調のAppleでも、CPUまで自社で設計することで、更に差異化をはかる戦略でしょう。Appleの戦略に関しては「Appleが半導体ベンチャーの買収を狙うわけ」(関連記事1)をご覧ください。

 Amazonは電子書籍の端末Kindleを開発、販売し、AppleのiPadと競合しています。今回のTIのCPU事業の買収検討は、携帯端末の強化という意味もあるでしょう。

 また、スマートフォンやタブレットに関しては、SamsungなどのAndroid陣営とAppleの間で特許紛争が激化しています。AmazonがAppleの次の標的になる可能性もあるでしょう。Amazonはハードウエア分野の知財力の強化のために、TIの携帯端末に関する特許の獲得を狙っているのかもしれません。

トップページへ

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓