• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器エディターズ・ノート > 「スマホにつなげばいいじゃん」

エディターズ・ノート

「スマホにつなげばいいじゃん」

  • 蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
  • 2012/10/22 10:07
  • 1/2ページ
ガイアホールディングス 代表取締役の郡山龍氏
ガイアホールディングス 代表取締役の郡山龍氏
[画像のクリックで拡大表示]
腕立て伏せを応援するスマートフォンのアプリ
腕立て伏せを応援するスマートフォンのアプリ
[画像のクリックで拡大表示]

 「最近ようやく、『スマホにつなげばいいじゃないか』ということが、広く浸透してきた」――。

 ワイヤレスM2M(Machine to Machine)事業を積極的に仕掛ける、ガイアホールディングス 代表取締役の郡山龍氏の言葉です。同社の事業会社であるアプリックスは、スマートフォンと機器を無線接続するためのBluetoothモジュールを低価格で提供しています。狙いは、あらゆる機器をスマートフォンとつなぐこと。それによって、スマホ上のアプリケーションやサービスと、リアルな機器を連携させる狙いです。

腕立て伏せのアプリにも

 「単にスマホにつながって、スマホが機器のリモコンになるだけではなく、『スマホがつながった瞬間にもっと大きな世界に結びつく』ということが、ようやくメーカーさんに理解が広がってきた」。このように郡山氏は指摘します。その例として、最近スマートフォンで流行しているフィットネス系のアプリケーション・ソフトウエア(アプリ)を挙げました。「腕立て伏せのアプリ、ご存知ですか?。ユーザーがスマートフォンを顔の下において腕立て伏せをし、顎で画面にタッチすることで回数をカウントする。それを萌え系のアニメ・キャラクターが画面上で応援してくれるんです」。もちろんスマートフォンの画面に顎で触る格好でもいいんですが、「例えばフィットネス機器にウチの無線モジュールを組み込んでスマホにつなげば、実際にフィットネス機器で体を動かすと、同じようなスマホのアプリが応援してくれる仕組みが、あっという間に作れてしまう」(郡山氏)。スマホの画面上で完結しているアプリケーションやサービスを、周囲のリアルな機器に拡大させれば、もっと面白くしたり、新たな商品企画につなげられる――。そのような発想への理解が、広がってきたというのです。

 フィットネス機器は一例ですが、例えばデジタル・カメラのような家電機器にも当てはまるとか。「写真撮影時の緯度や経度とか、撮影時の天気や湿度といった情報を、スマホ側から提供できる。カメラそのものに機能を埋め込まずとも、スマホ側にいろいろ委ねればいい」(郡山氏)。これは白物家電にも当てはまる発想です。洗濯機や冷蔵庫などのネットワーク制御機能を高めなくとも、進化のスピードが早い“スマホ”につながるようにさえしておけば済むと。

ハードの価格は採算ぎりぎりに

 ただし、この際にはスマートフォンと無線接続するための無線モジュールの価格をグンと安くする必要があります。無線モジュールの部材コストが数千円もしていては、家電機器やフィットネス機器、介護機器などに組み込んでいくための障壁となります。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓