技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 
新 誠一=電気通信大学教授
2012/10/16 07:00
印刷用ページ

 さて、21世紀考、本来の長期的視点に戻って話をしよう。今回は、未来の工場である。既に、昨年、本コラムの「工場立地考」として考察をしている。この中で、「工場が街に溶け込む」という主題を今回は掘り下げよう。

 現在、過去、未来。未来を知るためには現在を知り、過去を知らなければならない。そこで、工場の現在および過去から話を始めよう。工場の現在、外側から見ると住宅地から孤立した工業団地に設置されている。窓がなく、あっても閉じられているので内部はうかがえない。つまり、工場と住居地区、商業地区は分離されている。内部に入ると、多くの工場で人影が少ない。機械が製品を生産している。人は機械のお世話をしている。中には無人で24時間生産を続けている工場もある。要は町から孤立して工場である。

 さて、工場がこのようになったのはなぜだろう。それには過去を見る必要がある。18世紀の蒸気機関の発明。これが、産業革命を引き起こして世界を変えた。我が国も余波を受けて鎖国を解いた。ペリーが浦賀に連れてきた蒸気船、国内の帆船では戦えない。グローバリゼーションの始まりである。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング