• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント中国開発区データベース > 昆山経済技術開発区

中国開発区データベース

昆山経済技術開発区

こんざんけいざいぎじゅつかいはつく

  • 2012/10/15 00:00
  • 1/1ページ

基本情報

住所 昆山経済技術開発区招商局 開発区レベル 国家級
面積 28km2 設立時期 1985年

誘致に関する情報

優遇条件 (1)昆山に進出して生産を行う外国企業の企業所得税率は25%。
(2)先進技術企業には企業所得税は15%の税率が適用される。
(3)国家級レベルの開発区であるゆえ、地方税3%は免除される
誘致希望業種 光電子産業、精密機械
担当者からのPR 十年余りの建設を経て、昆山経済開発区は現代的な総合工業パークの様相を呈するようになった。

コスト関連の情報

一般職の給与目安 1900~2500元/月 管理職の給与目安 4900~5300元/月
オフィスの家賃目安 0.8 ~ 1.9元/m2/月 工場の家賃目安 0.3 ~ 1元/m2/月

交通に関する情報

最寄りの空港 上海虹橋国際空港(開発区から55.9km、車で1時間9分)
最寄りの港湾 太倉港(開発区から56km、車で1時間25分)

外資の導入状況

外資企業投資総額59億ドル 外資企業数522社
日本企業投資総額 日本企業数
代表的な外資企業 Alcatel、novartis、Tetra Pak、Danisco
代表的な日本企業 豊田、SEIKO、SHIMANO
代表的な中国企業万仕竜
  • 本データベースの内容は、うるるから提供を受けています。
  • 各開発区の担当者にアンケートを依頼し、その回答結果を掲載しています。
  • アンケートは中国語で依頼、回答結果を中国語で受け取り、その結果を日本語に翻訳して掲載しています。正確に翻訳することを心掛けていますが、誤りがある場合があります。進出企業などの名称は、基本的には回答結果をそのまま掲載しています。また、回答結果から期間が経ってしまっていることもあり、各種の制度は変更している可能性があります。詳細に進出などを検討したい場合は、必ず回答内容を各開発区に確認してください。
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ