• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器カシオ計算機「EXILIM EX-TR100」の開発 > 第1回 デジカメってこの形が正解なの?

カシオ計算機「EXILIM EX-TR100」の開発

第1回 デジカメってこの形が正解なの?

  • 久米 秀尚=日経エレクトロニクス
  • 2012/10/19 00:00
  • 1/3ページ

“変形デジカメ”と称されるカシオ計算機の「EXILIM EX-TR100」。誕生のきっかけは、あるデザイナーの悩み。デザイナーと技術者が互いの思いをぶつけ合いながら一つの製品を生み出すプロセスは、新製品開発の参考になる。全6回の開発物語の第1回である。

[画像のクリックで拡大表示]
(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

「あっ、フレームが動くんだ」

「置いて撮影できるの?!」

 2011年2月。パシフィコ横浜で開催されたカメラ関連の展示会「CP+ 2011」の会場に人だかりができているブースがあった。そこで来場者の注目を集めていたのが、カシオ計算機が開発したコンパクト・デジタル・カメラ「EXILIM EX-TR100」(以下、TR100)である。

 TR100の特徴は、変形させることで多様な撮影スタイルに対応できる点。レンズ部を中心にフレームを360度回転させたり、液晶ディスプレイを270度回転させたりするなど、自分撮りや集合写真、動画といった撮影状況に合わせてカメラ形状を変えられる。

 “変形デジカメ”とも称されるTR100。この斬新なデジタル・カメラの開発は、あるデザイナーの疑問からスタートした。話は2008年まで遡る。

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ