家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

第1回 デジカメってこの形が正解なの?

久米 秀尚=日経エレクトロニクス
2012/10/19 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2011年5月30日号 、pp.88-90 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

“変形デジカメ”と称されるカシオ計算機の「EXILIM EX-TR100」。誕生のきっかけは、あるデザイナーの悩み。デザイナーと技術者が互いの思いをぶつけ合いながら一つの製品を生み出すプロセスは、新製品開発の参考になる。全6回の開発物語の第1回である。

[画像のクリックで拡大表示]
(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

「あっ、フレームが動くんだ」

「置いて撮影できるの?!」

 2011年2月。パシフィコ横浜で開催されたカメラ関連の展示会「CP+ 2011」の会場に人だかりができているブースがあった。そこで来場者の注目を集めていたのが、カシオ計算機が開発したコンパクト・デジタル・カメラ「EXILIM EX-TR100」(以下、TR100)である。

 TR100の特徴は、変形させることで多様な撮影スタイルに対応できる点。レンズ部を中心にフレームを360度回転させたり、液晶ディスプレイを270度回転させたりするなど、自分撮りや集合写真、動画といった撮影状況に合わせてカメラ形状を変えられる。

 “変形デジカメ”とも称されるTR100。この斬新なデジタル・カメラの開発は、あるデザイナーの疑問からスタートした。話は2008年まで遡る。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング